« 2007年6月 | トップページ | 2007年10月 »

恋愛・結婚ニュース 2007/7/4版

未婚女性が望む結婚相手の希望年収、【500万円~700万円未満】が約4割
個人的に注目したいのは、40代未婚女性が結婚相手に望む年収。理想の希望年収は1000万円〜1200万円未満が21.6%なのに対して、最低希望年収で1000万円〜1200万円は8.1%。「本当は年収1000万円の男と結婚したいけど、実際は無理よねえ」というため息が聞こえてきそうだ。

「一目惚れ」する30代女性13%
男の方が一目惚れしやすい。女性は年齢が上がるにつれ、一目惚れしにくくなり、よく見てから好きになるようだ。

10~50代の男女500人に、「異性を好きになる時間」を聞いたところ、男性の4割が「たいてい一目惚れ」と回答。これに対して、「一目惚れ」と答えた女性は10代が67%、20代30%、30代13%と、次第に減っていく。30代女性では「友達として仲良くなってから1カ月くらい」(28%)がトップだった。

女たちの「不倫したっていいじゃない」論
他人の旦那だと、いい男に見えてしまうらしい。ほんとかいな。まあ、未婚の私には関係ないけど(苦笑)

女性が避妊の主役になろう
「産めない、仮に産んでも育てられないというのであれば、わが国の法律に基づいて人工妊娠中絶手術を受けることは恥ずべきことでも、とがめられることでもなく、女性の性と生殖に関する権利であることを知ってください。」とのこと。北村医師も書いているように、積極的に勧めるわけではないが、産んだ後に殺すくらいだったら、中絶も仕方ないかもしれない。あまりにも子殺しが多いからね、最近。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恋愛・結婚ニュース 2007/7/3版

大好きな人を、好きになってはいけない。
最近見た中では、最高のラブレター。

ケータイ使用で精子減少、米国で新研究結果 ロシアでは未成年者らに利用中止勧告も
こういう調査で難しいのは、ケータイを長時間使用していることが、精子が少ない理由になっているのかどうかということ。つまり、ケータイを長時間使用するような生活を送っている人は、別の要因で精子が少なくなっているのかもしれない、ということ。ちゃんと調べないと、因果関係があるとは言えない。もちろん、ないとも言えない。

まっとうな理屈の通じない女性と良好な関係を築く方法
「男女の揉め事の多くは、対決すべき時に対決する勇気を男性が持たなかったために生じているのです」って、ホンマかいな。

女性の心ない言葉の暴力に殺された男たち[鬱文書注意]
「未婚者の僕ですら、結婚に夢を持つことができない現実がここにあるのです」って、よく言われるけど、どうなんだろう。ちなみに、私は結婚に「夢」を持っています。独身時代には体験しなかった出来事がいくつも降りかかり、調整能力を職場のみならず、家庭でも発揮せざるを得ないという現実を味わいつつ、「ああこれが夢にまで見た結婚生活なのか」と苦いが、しかし甘みもほのかに感じながら毎日を生きる「夢」を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恋愛・結婚ニュース 2007/7/2版

性的関係の相手15人以上、男29%、女9% 米調査
「割合が一番多かった数字は男性が7人、女性は4人だったとしている。また、未婚者のうちセックスの未体験者は約11%だった。初体験の年齢では16%が15歳前と回答、少なくとも21歳以上が15%だった。/生涯での相手が15人以上とした回答者では、黒人男女が目立ち、それぞれ46%と13%だった。/男性の17%、女性の10%が過去1年で2、3人と性的関係を結んだと述べていた。女性の25%、男性17%がこれまでの人生でのセックスの相手は1人と答えていた。」だとか。アメリカの調査だから、そのあたりを考えておかないといけないが、やはり乱交の傾向は男に顕著に現れているとは言えるかな。

スゲиシ┐ゝ,ザァ,ユЮ.θイ,ゎモモモモマいデ.
なぜこうなるのか、よくわからん。けど、おもしろい(笑)

セックスもお金もあきらめる……でも携帯は手放せない
携帯依存症は日本の若者に特有の現象かと思ったけど、そうでもないらしい。

相手と出会ったときに「結婚すると思った」、約4割
会社関係での出会いが約30%、アルバイトが10%ほどなので、結婚相手との出会いの場は仕事関係が実に40%を占めるわけだ。異性のいる職場で働いている人は、よくこの結果を検討するといいだろう。あと、「【なんとなく結婚すると思った】とこの【結婚すると思った】を合わせると、実に44.2%」という結果からもわかるように、フィーリングは結婚にとって依然重要なファクターのようだ。調査結果はこちら

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年10月 »