« ★夫婦のコミュニケーションでは双方が話すのが重要 | トップページ | ★「女はみんなバカだ」 »

★女性に愛されるプログラマになるには

プログラマが女性に愛されるにはどうすればいいか。ウノウラボ Unoh Labsの女性スタッフが次のような条件を挙げる。

1.人の目を見てほめることが出来る
2.アナログな趣味を持つ
3.スポーツを愛する
4.下手でも絵が描ける
5.おいしいものが好き・お料理好き
6.文章が上手である
7.お母さん、おばあちゃん思い

どれもよくわかる話だ。細かいことは元の記事を見ていただくとして、いくつかコメントしておく。

1.は、女性が男性に誠実さを感じる瞬間なのではないか。相手を正しく評価し、誉めることは、文句を付けるよりかなり難しい。いい加減な誉め方なら簡単だし、上司におべっかを言うのも難しくはないが、自分より目下の者や女性をまともに誉めるには、相手に正面から向かう気概が必要だ。これを持つ男性は、まず信用していい。

2.のアナログな趣味だが、UNIXなどに詳しいハッカーの中には、楽器を演奏し、音楽を自分で楽しめる人が多かった(今のハッカーはどうか、寡聞にして知らない)。女性は、ぱっと見て分かりやすい(たとえば、パソコンと車とゲームが趣味のような)男性よりも、自分の知らない領域に通じている男性に魅力を感じることが多いようだ。アナログな趣味は、女性に立ち入り難さを感じさせ、神秘的な魅力があるかのように思わせるのではないか。

3.は、どうだろう。端的にスポーツが堪能だということは、オスとしての優位性を感じさせるものではないか。典型的な頭でっかちの人間である私は、高校生の頃、頭の悪そうな体育教師にいびられた体験もあり、スポーツ堪能な男を見ると、即座に頭脳を低めに見積もってしまうのだが、実際はそうでもない。

4.と5.と6.は、何かの拍子に女性に披露することがあったときに、隠れた魅力としてのアピールはあるのかもしれない。いずれも最初から一生懸命アピールしても、あまり意味はなさそうだ。

7.は、元の記事にもあるが、女性への安心感を与えるものだろう。もちろん、マザコンではだめだが、身内の女性への距離の取り方がうまいと、自分にもうまく接してくれるだろうという類推が働くのではないか。

…しかし、これ、よくよく見たら、難しいことが多い。非モテ男が実践すれば、必ずモテ男に返信変身できるという生やさしいものではない(特に1.2.3.7.)。これが実践できるなら、それは自分が大きく変わったことを意味しないか。非モテという問題の解決に、こんなことを求められるとは、つくづく男として生きにくい時代になったものだと思う。

|

« ★夫婦のコミュニケーションでは双方が話すのが重要 | トップページ | ★「女はみんなバカだ」 »

恋愛」カテゴリの記事

男性のために」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★女性に愛されるプログラマになるには:

« ★夫婦のコミュニケーションでは双方が話すのが重要 | トップページ | ★「女はみんなバカだ」 »