« 待つということ | トップページ | ★男が「潮吹き」にこだわる理由 »

モテ男になるための条件とは

ビジネスマン(後注)は職場でモテ男であることが求められているようである。酒井冬雪によると、モテ男とは、以下のような特徴を備えているらしい。職場のモテ男になるためのコミュニケーション術より。

1.何が根拠なのかは分からないが、自信満々である。
2.同性である男よりも、女性の信頼を得ることを大切にしている。
3.相性のよくない女性に冷たくされたり、意地悪くされてもあまり懲りない(気にしない)ようだ。
4.守備範囲が広い(どんな女の子でもOKらしい)、もしくは限りなく狭い範囲の守備しかしていない(近寄るタイプの女の子が限定されている)。
5.「やさしいんだね」「○○○(海辺のリゾート地)にいっしょに行きたいよ」などと、誰にでも平気で言ったり、今どきキザっぽいところがある。
6.体育会系で実はスポーツ万能であっても、外見はきわめて中性的である。また、足音がしない、ドアの開け閉めが静かなど、物音をあまり立てずに行動する。
7.平気で女の子を怒ったりすることがある。
8.「かわいいね」「髪、切ったの?」とフツウに口にしている。女の子には誰にでもチェックをいれているらしい。
9.女の子の好きなキャラクターやマンガ、コンビニの限定お菓子などにやけに詳しかったりする。
10.女の子のアタマをガシガシとなでたり、ガバッと肩に手をまわしたり、さわるときはガツンとさわっている。

いくつかコメントしておこう。1、2、3、7、10からわかることは、「女性は、自信のない男やおどおどした態度が嫌いだ」ということ。どうせ触るなら、ガツンと触ってくれた方がいい(愛撫としてのタッチは、また違うと思うが)し、女性に気に入れられるかどうかをいちいち気にしているような男は、かえって嫌われる。

しかし、一方で無粋な男もまたモテ男からは遠い。6、8、9からもわかるとおり。細かい気遣いも、モテ男には必須だ。

自分はと振り返ってみれば、あまり自信はない。特に気を付けたいのは、8だ。髪を短くしたり、見たことのない服を着てきたりしたとき、気づいていてもほとんど口にしない。いや、精確に言うと、できないのだ。たとえば、行きつけの蕎麦屋の若い女性がセミロングからショートにすれば、すぐ気づく。おにぎり屋のアルバイトの若い女性がめがねを止めてコンタクトにすれば、どちらがどう似合うのか、いろいろ論評することはできる(もちろん、当の女性が受け入れられるような形でだが)。なのに、どうしても伝えられない。25年くらい前、中学生だった頃から、そうなのだ。もう治らないとあきらめるのは簡単だが、できれば治したい。なぜなら、私の言葉を聞いて、たいていは女性に喜んでもらえるはずだからだ。

ちなみに、酒井は「今の20歳代の女の子は100人いたら、95人が何となくかわいいか、とてもかわいいか、とにかくかわいいはず。」と言うが、これは見る人が女性か男性かで異なる。私の周囲にいる複数の女性は、同性のことをよく「あの子、かわいいよね」と言うが、その何割かは賛成しかねることが多い。

注)
最近はビジネスパーソンと言うことが多いが、ここでは男性に限られるので、あえてビジネスマンと言うことにする。

|

« 待つということ | トップページ | ★男が「潮吹き」にこだわる理由 »

恋愛」カテゴリの記事

男性のために」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モテ男になるための条件とは:

« 待つということ | トップページ | ★男が「潮吹き」にこだわる理由 »