« ★夫婦の間の温度差は会話で埋めよう | トップページ | ★話を聞いて欲しいなら、話し過ぎはいけない »

★女性が求める「アタマがいい」とは

「アタマがいい」男性を好む女性は案外多そうだ。私の少ない経験の中でも、「アタマの悪い男って嫌いなんですよね」という言葉を聞いたことは一度や二度ではない。とはいえ、「アタマがいい」は「学歴が高い」とはあまり関係がない。毎度おなじみの酒井冬雪「理系のための恋愛論」より。

女の子のいうアタマがいいは、とてもむずかしくて、「場の空気を読める力」「やさしさを見せる力」「教養がある」「車の運転がうまい」「地図が読める」「知的な趣味をもっている」などがふくまれているような気がします。

これらすべてを求められたら、だれだって困ってしまうかもしれませんが、このうちのふたつみっつを持てれば、というのでしたらそんなにムリ難題ではないと思います。

女の子のいう「アタマがいい」は、恋愛する上だけでなく、生きていく上でもとても必要な要素であると思います。

女の子の言う「カッコいい」が性的な満足につながり、「話がおもしろい」が精神的な満足に、経済力が将来性の保障につながると考えれば(かなり乱暴だが)、「アタマがいい」は自分を導いてくれる力につながる。だから、女の子は男にそれを望むのかもしれない。

問題は「アタマがいい」の中身だが、酒井が言っているように、学歴につながるような学校秀才でなくていい。むしろ、学歴をひけらかすような男を信用しない女性の方が多い。ちょっとしたことで、女性に「へー」とか「なるほどー」とか言わせる能力があればいいのではないか。もちろん、もっと多くを望む女性もいるだろうが、それは個別に対応するしかないと思う。

それにしても、「このうちのふたつみっつを持てれば、というのでしたらそんなにムリ難題ではないと思います」と、酒井の断言具合が弱めになっているのがおかしい。先日2ちゃんねるなどで話題になったものだから、ちょっと弱めに出たのかな。酒井って、意外とかわいいのかもしれない。男を見る目は今一つのようだが(苦笑)。

あと、付け加えておくなら、

むずかしい勉強を理解できる頭脳があるのなら、他のことも吸収し、学んでいける確率は高くなるはず、というのが私の持論であります。

いろいろなことを自ら学んでいける柔軟な頭脳の持ち主が、酒井は好きなようだ。実際に目の前にいる男を判別するときにもそうなのかは別だと思うが。

|

« ★夫婦の間の温度差は会話で埋めよう | トップページ | ★話を聞いて欲しいなら、話し過ぎはいけない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★女性が求める「アタマがいい」とは:

« ★夫婦の間の温度差は会話で埋めよう | トップページ | ★話を聞いて欲しいなら、話し過ぎはいけない »