« ★結婚できる結婚相談所を作るには | トップページ | ★憂鬱な人は結婚すべき? »

★40代半ばにして新しいことを受け入れる男は魅力的?

40代半ばにもなって、パートナーから影響を受けて、自分を変えることができる男性は貴重らしい。白川桃子氏の「Smart晩婚講座 結婚難時代の処方箋 第31回」から。

38歳(女)と44歳(男)で新婚という遅咲きカップルですが、だんな様があまりにピュアで素晴らしい人で驚きました。彼はキャリア職である彼女が「自分の道を追求していくのがうれしい」といい「違う世界をもっている人と結婚すると世界が広がるんです」と本当に幸せそう。(中略)44歳にして「新しいこと」を受けいれ、それを楽しむことのできる、この感性の柔らかさはどうでしょう? 彼は「彼女」と出会ったから変わったのだと言います。ひとりなら変われない、でも2人なら変われる。それこそが結婚の醍醐味であり苦しみでもあります。

男性の「違う世界を持っている人と結婚すると、世界が広がるんです」というのは、まったく同感だ。たとえば、私のような毒男が小学生の子供を持った女性と結婚したとする。いきなり、自分の生活に「子供」という異質なものが出現するわけだが、小学生の子供を通した社会が見えてきて、それはそれで面白そうだ。また、もし最近視力を失った女性と結婚したとする。日常生活のサポートは大変だろう。しかし、視力障害者の人たちのネットワークに、当事者として加わることができる。一人でいたら、自分が視力障害者にならない限り、決して知ることのない世界である。視力を失った人には申し訳ないけれど、これは大変面白い。

…とまあ、自分ではかなり柔軟な考え方をしているつもりだが、残念ながら、多くの女性にとって、これは利点とは考えてもらえないようだ。

|

« ★結婚できる結婚相談所を作るには | トップページ | ★憂鬱な人は結婚すべき? »

恋愛」カテゴリの記事

女性のために」カテゴリの記事

男性のために」カテゴリの記事

コメント

但し、その先には一つの現実が待っています。
お互いの将来に対する像が一致しないと
「自分の道を追求」が「すれちがい」と感じてきます。

そこで本当に彼女を受け止められる男の器(うつわ)、
別の表現をすると、自分の犠牲の上に成り立つ幸福。
があるという事実と一緒に生きていけるのかが勝負となります。

誰から見ても「自分の道を追求」している女性は輝いて見えます。
でもその輝きには何かの犠牲があってこそ輝く。
あなたは、その矛盾をうけとめられますか?

投稿: Pinkids | 2006年8月 2日 (水) 午後 12時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★40代半ばにして新しいことを受け入れる男は魅力的?:

« ★結婚できる結婚相談所を作るには | トップページ | ★憂鬱な人は結婚すべき? »