« ★亡くなった恋人のことを想う | トップページ | ★今夜はどこでしたい? »

★あなたは子どもをもっと産みたいですか

内閣府が、日本を含む5カ国で調査したところ、「子どもを増やしたい」と思う人の数は日本が最低だった。Excietニュースから。

 内閣府が日米韓など5カ国で実施した「少子化社会に関する国際意識調査」によると、子供を持つ男女のうち「子供を増やしたい」と答えた人は日本で約4割と調査国中で最も低く、約8割のスウェーデンの半分程度の比率にとどまった。日本や韓国では「増やしたくない」と答えた人の半数以上が「子育てや教育に金がかかりすぎる」と金銭的理由を挙げ、他国に比べて金銭負担が重荷となっている実態が浮かび上がった。

 調査は昨年10~12月、合計特殊出生率(女性が一生に産む子供の数)の低い日本(03年1.29)と韓国(同1.16)、高い米国(同2.04)とフランス(同1.89)、スウェーデン(同1.71)の計5カ国を選び、それぞれ20~49歳の男女約1000人を対象に実施した。

 子供を持つ男女に「さらに子供を増やしたいか」と聞いたところ、「増やしたい」は日本が42.6%で最も低く、「増やしたくない」は53.1%だった。韓国も「増やしたい」が43.7%どまり。「増やしたくない」と回答した人のうち日本では56%、韓国も7割近くが、金銭面を理由に挙げた。

 一方、スウェーデンは81.1%が「増やしたい」と回答。米国は81%、フランスも69.3%と高かった。内閣府では「この3カ国は保育サービスの充実や税制上の優遇措置が優れているほか、子育てへの金銭的支援もあり、出生率に影響しているのではないか」と指摘している。

 また「夫は外で働き、妻は家庭を守るべきだ」との考え方について日本は「賛成」が57.1%と最高で、最低のスウェーデンは8.6%だった。「子供を産みやすい国か」との質問に、日本は「とても」と「どちらかといえば」を合わせた肯定的な回答が47.6%。韓国は18.6%で最低だった。スウェーデン(97.7%)、米国(78.2%)、フランス(68.0%)は肯定的な回答が多かった。【渡辺創】

この記事のポイントは、すでに子どものいる人が「これ以上子どもを増やしたくない」と思う理由が「子育てや教育に金がかかりすぎる」ことだ。子育ては確かにお金がかかる。人並みのことを子どもにしてやろうと思ったら、一財産を消費する覚悟が必要だし、きちんとした教育を受けさせようとしたら、金に糸目を付けないくらいのつもりでないといけない。東大生の家庭の多くが資産家であることは、有名な事実だ。

政府も対策を立ててはいるようだが、まだまだ不十分だ。少子化対策には、もっと力を入れてもらいたい。

|

« ★亡くなった恋人のことを想う | トップページ | ★今夜はどこでしたい? »

恋愛」カテゴリの記事

男と女に関するニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★あなたは子どもをもっと産みたいですか:

« ★亡くなった恋人のことを想う | トップページ | ★今夜はどこでしたい? »