« リッチテンプレートがうまく表示されないときは | トップページ | ★ブログを書けば結婚できるかも »

★ポリネシアン・セックスのキモは

ポリネシアン・セックスでは、実際に性器を結合させるセックスは5日に1回でいいとする。残りの4日は肌を合わせて眠るだけだ。ソースはMSN毎日インタラクティブから。

ポリネシアン・セックスでは、実際に結合するセックスは5日に1度程度。中の4日はしっかり抱き合って、肌を密着させて眠り、性器の接触はしません。セックスをするときは、前戯や抱擁や接吻、愛撫に最低1時間をかけます。お互いの心と体が緩んで、なじんだときに、女性の中に挿入していきます。挿入した後、最低30分は動かずに、じっと抱き合っています。ただし、5日間というのはあくまで目安で、最初は3日間や4日間にしてもかまいません。

オーガズムを必要としないセックスのかたち。現代のほとんどの日本人にとっては、難しいことだろう。アメリカナイズされたポルノに洗脳された男たちにとっては、自分の行為で女を感じさせ、激しいピストン運動の後に射精することが目的であって、その目的に不要な手順を踏まないのが「上手なセックス」だとされるきらいがある。

それに対して、「本当にそれでいいのだろうか」と疑問を投げかけるのがポリネシアン・セックスである。セックスに幻滅している人には、是非試してみるといい。ただ、カップルの片方だけがポリネシアン・セックスを目指したとしても、うまくいかないだろう。2人の協力が必要だ。

ところで、ポリネシアン・セックスの基本は以下のようにまとめられる。

(1)男女が互いの存在を存分に意識していること。

(2)キスや愛撫で刺激された流れは、2人の間を行きかいながら唇、乳首、胸、腕、脚を流れ、完全なくつろぎと充実の状態をもたらす。その際、挿入や通常の意味でのオーガズムは必要ではない。
(3)通常の、動きをともなった挿入でも、たとえ男性が早漏気味の射精をしても、ペニスを少なくとも27分間、腟から抜かずにおくと、2人は融合して、男女とも完全なくつろぎを得ることができる。

少し私なりの解釈を加えさせてもらうなら、ここで一番重要なのは(1)ではないかと思う。自分の欲望を相手にぶつけたり、相手から自分の欲望にあったものを奪い取ろうとしたりするのではなく、まずは相手を意識すること。そして、相手の欲望を感じ取り、自分の欲望を静かに、そしてすべて残らず相手に対して開くこと。2人ともそれができたなら、きっと2人の欲望は、高まったり静まったりを繰り返しながら、両方が快感と幸福感を感じ取るだろう。

|

« リッチテンプレートがうまく表示されないときは | トップページ | ★ブログを書けば結婚できるかも »

恋愛」カテゴリの記事

セックス」カテゴリの記事

夫婦・恋人のために」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★ポリネシアン・セックスのキモは:

« リッチテンプレートがうまく表示されないときは | トップページ | ★ブログを書けば結婚できるかも »