« ★食事のマナーが悪い女性とは結婚するな | トップページ | ★女はセックスの前に愛を求め、男は愛の前にセックスを求める »

★援交を考えるときに見落としがちなこと

再び、圓田浩二「援交少女とロリコン男」(洋泉社)について。援助交際など未成年女性(以下、「少女」とする)を対象とした性については、多くの日本人が意図的に見過ごそうとしているか、あるいは無意識のうちに見逃している事実がいくつもある。

まずは、すでに挙げたように、援助交際の実際の場面では、少女の側から男性に持ちかけられることが圧倒的に多い。決して、大人が少女をいいように騙して、言うことを聞かせているというわけではない。もちろん、セックスの後、代価を支払わずに逃げる、いわゆる「やり逃げ」など、“契約”に違反する男性もいるが、決してそれがすべてではないし、多いというわけでもない。すなわち、「少女は無垢な存在(金のために自分の体を売りたいなどとは絶対に考えない存在)である」という命題は、端的に間違っている。

中学生・高校生にあたる年代の少女が、成人男性などと性交渉を持つこと、あるいは結婚することは、近代社会において、あるいはそれ以前の社会において珍しいことではなく、むしろ自然であった(pp.166参照)。また、医学的にも、個人差はあるにせよ、中学生・高校生くらいの年代で、身体はもはや出産に適した程度にまで成熟する。また、出産に適した身体の少女に対して、男性が性的魅力を感じるのも、ヒトという種を保存するためにはむしろ自然である(p.168参照)。すなわち、「少女は未熟であるから、セックスから遠ざけて、大切に保護すべきである」という要請は、相対化されるべきである。

さらに、すでにここでも指摘したことだが、日本のメディアでは、少女への性的欲望をあおり立てる情報が氾濫している。たとえば「モーニング娘。」のメンバーが、プロモーションビデオの中で嫌々牛乳を飲まされるシーンがあるが、当然ながら、牛乳は精液のメタファーである(p.176)。これに限らず、現代の日本社会には、少女に対する欲望をかき立てる情報にあふれている。それにもかかわらず、男性が「自分は少女が好きだ」と告白すれば、ロリコンとして社会的に抹殺されてしまいかねない。つまり、日本の現代社会は、ロリコンを生産しつつ抹殺するという、巨大なマッチポンプと化している。

このような状況を打破するには、どうすればよいか。私の考えもまだまとまってはいない。少女と成人男性のセックスを合法化し、成人男性に結婚などの形で責任をとらせる方法が、逆説的ながら、一つの突破口になりそうな気もするが、しかし、社会全体がそのような流れにでもならない限り、法律で拘束できるような問題ではなさそうだ。もう一つの方向性は、少女とのセックスを思わせるような情報を、メディアから排除すること。たとえば、少女の芸能活動を制限し、ミニスカートでテレビ番組に登場するなど御法度であるような状況を作り出す。メディアによって、少女への性的欲求を呼び覚まされた男性に対しては、効果的かもしれない(もちろん、インターネットなど別のメディアへの逃げ道もふさいでおく)。いずれの方法も、効果はあると思うのだが、実現の可能性が限りなくゼロに近い。

結局のところ、ロリコン(や二次コン)は増殖し、一方で成人女性に対する欲望は限りなく減少するか歪曲される可能性が高いと言わざるを得ない。これで本当にいいのか?

|

« ★食事のマナーが悪い女性とは結婚するな | トップページ | ★女はセックスの前に愛を求め、男は愛の前にセックスを求める »

恋愛」カテゴリの記事

若者の性」カテゴリの記事

コメント

>男性が「自分は少女が好きだ」と告白すれば、ロリコンとして社会的に抹殺されてしまいかねない。

日本は男性の性的逸脱嗜好には寛容なので、抹殺とまではいかないんじゃないですか。のぞきで逮捕された某教授も、ちゃんとどこかで教職を得ているようですし。ピューリタニズムのアメリカでこれをやると、ほんと精神病院送りになるかもしれませんが、日本はロリコンで「当たり前」に見えます。

投稿: cg | 2006年3月 4日 (土) 午前 06時19分

>日本は男性の性的逸脱嗜好には寛容なので

あ、言われてみればそうだ。抹殺はされないですね。自民党の山崎も、あれだけ騒がれたのに元の鞘に収まってるし…。

>日本はロリコンで「当たり前」

そうですね、そうだと思います。そのような社会構造になっているのを見過ごしておきながら、ロリコンを目の敵にするのはまったくお門違いも甚だしいと思います。

投稿: yuu | 2006年3月10日 (金) 午後 10時58分

>日本は男性の性的逸脱嗜好には寛容なので

自分で書いておきながら、モーグルの某女子選手のように(本人は否定しているが)、女性の逸脱行為も最近はあったことを今更思い出しました。

投稿: cg | 2006年3月11日 (土) 午後 03時47分

メディア規制はどこの国でもやっているので良いと思います。少なくとも空気のようにながれるテレビだとかインターネットだとかはやってほしい。見たい・触れたい人は税金をかけて金銭的な代償をはらってやるべきだと思う。公営セックス産業は良いのでは?
ただ、日本は規制が比較的甘いがために欧米にいる超変態も少ないのかもしれませんね。

投稿: test | 2006年3月23日 (木) 午後 11時34分

>>cgさん

>自分で書いておきながら、モーグルの某女子選手のように(本人は否定しているが)、女性の逸脱行為も最近はあった

里谷多英の場合は、“逸脱行為”としては軽いものですね。常習性はないし、相手は成人男性ですから、法的には拙いですが、性行為をすべきでない場所でしてしまっただけですから。そういえば、大友愛の全裸写真が出回っているそうですが、これも“逸脱行為”としては大したものではありません。

投稿: yuu | 2006年4月 9日 (日) 午前 04時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★援交を考えるときに見落としがちなこと:

« ★食事のマナーが悪い女性とは結婚するな | トップページ | ★女はセックスの前に愛を求め、男は愛の前にセックスを求める »