« ★オトコ選びは体が決め手! | トップページ | ★女性は男性に優しさを求めてない? »

★児童ポルノの取り締まりはマッチポンプじゃないのか?

奈良県では児童ポルノの単純所持そのものが違法となっているらしい。現在でも、販売目的や不特定多数に閲覧させる目的で持っていたら違法だったと思うが、奈良県は条例で、より厳しい規制をかけているわけだ。記事のソースはこちら

 奈良県警少年課と奈良西署は9日、児童ポルノを所持していたとして、県の「子どもを犯罪の被害から守る条例」違反の疑いで同県生駒市の無職男性(23)を書類送検する方針を固めた。同条例の適用は初めて。条例は、13歳未満の子どもに付きまとう行為や児童ポルノの所持などを全国で初めて禁止。昨年11月に発生した奈良市の女児誘拐殺人事件を受けて、7月1日に施行された。

これはこれでいい。大いに結構。ただ、これが未成年の少年少女に対する性犯罪の抑制の決め手になるかと言えば、当然そんなことはない。性犯罪の厳罰化や、再犯率の高い性犯罪者を更正させる手だて、性犯罪を告発しやすい社会を作ることなどと一緒に考えていかないと、実効性は薄いだろう。

もう一つ、ここで考えて欲しいことがある。現代日本では、未成年の(特に)少女を性的な存在として、もう少し直接的に言うなら、不特定多数がセックスの対象と考えるような形で、公衆の面前にさらす文化が根付いてしまっている。小学生が大人顔負けの化粧をしてテレビ番組に出演するのは、もはや珍しくも何ともない。高校生がパンツルックや水着姿でメディアに登場することも同じだ。彼女らは、セックスの対象としてはいけないと法律で定められている。多くの人もそう考えているのだろう。しかし、現実に彼女らは知らず知らずのうちに、大衆に対してセックスの対象として提示されているのである。それらを見て、もともと小児愛者でなかったのに、そういう世界の存在に“気付く”男(または女)が出てくることは予想に難くない。

簡単に言えば、「ほら、これおいしいぞ、おいしいぞ」と大衆に向かってアピールする人がたくさんいる一方で、「これは食べてはいけない」というルールが存在し、ルールを破った人間に対して厳罰が科されるという社会構造になっている。「DVDビデオのリッピングが違法だ」と主張する人がいる中で、「やり方はこうです」と書いてある本が書店にたくさん並んでいるのと同じ状況だとも言える(こっちの方は、まだ違法性に議論の余地があるか)。

つまり、マッチポンプなのである。賢明な男性諸氏は、そういう社会構造を知った上で、自分の欲望をコントロールするようにされたい。

|

« ★オトコ選びは体が決め手! | トップページ | ★女性は男性に優しさを求めてない? »

セックス」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

男と女に関するニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1843/7141931

この記事へのトラックバック一覧です: ★児童ポルノの取り締まりはマッチポンプじゃないのか? :

« ★オトコ選びは体が決め手! | トップページ | ★女性は男性に優しさを求めてない? »