« ★子供の結婚のため、親が見合いする時代に | トップページ | ★「不倫はダメ」「不倫こそ真の恋愛だ」の両方に効く薬 »

★仕事がデキる男に浮気をさせないためには

仕事が好きで、手がけた仕事がどんどん成功している男は、頭の中は仕事のことばかりだ。こうなると、男は、“好きなものはすべて手に入れて、それによる快感を味わいたい”と(無意識のうちに)思ってしまう。

こんな男と(幸か不幸か)付き合うことになってしまった女は、男がいつ別の女に手を出すか、気が気ではないだろう。なぜなら、成功している男は、ある種の女を吸い寄せるオーラを出しているもので、男が何かの拍子に妻や恋人以外の女を“欲しい”と思ってしまったら、もう止める術はないからだ。

いや、1つだけある。潮凪洋介はこのように言う。

仕事ができる男に浮気させない方法があります。携帯を奪いとったり、尾行したりしないでも済む方法です。

女性が、世界一の恋愛相手であり、理解者であり、友人であり、家族である必要があります。「彼に養ってもらうの~。守ってほしいの~。」とだけいっていてはダメなのです。

自分の魅力を常に磨きながら、外見からの魅力だけでなく、家庭的なやさしさと、彼のすべてを受け止める心を持ち、そして、燃えるような恋心をもっていることが必要です。(中略)自分に恋をさせる。楽しくて幸せな家庭を共に造れる力を養うこと。ユートピアのような「家庭=巣」がつくれる「巣づくり力」が必要なのです。

「おいしい食事を作って、毎日待っていれば、浮気した男も自分のところに戻ってくる」という“迷信”と相通ずるところがあるが、あながち嘘でもないだろう。

しかし、ふと思ったのだが、“仕事ができる男”と“巣作りする女”のカップルはとてもいい組み合わせではある。ただ、それだけでは、いかにも底が浅いような気がして仕方がない。この感覚は、平均からはかなり外れているに違いないが、みなさんはどうお考えだろうか。

|

« ★子供の結婚のため、親が見合いする時代に | トップページ | ★「不倫はダメ」「不倫こそ真の恋愛だ」の両方に効く薬 »

恋愛」カテゴリの記事

女性のために」カテゴリの記事

夫婦・恋人のために」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
私が見ている限りの世界では、仕事ができて仕事に忙しい男は浮気する暇もなく、また「逆恨みなどでセクハラ訴訟でも起されると事だ」と自覚しているので積極的ではありません。
が、仕事中に平気でチャットをするような男性はネットで不倫日記を書いていたりするので、英雄色を好むは現代では通用せず、暇人セックスするのような気がします。

投稿: よ~こ | 2005年10月31日 (月) 午前 04時19分

>>よ~こさん

ふむふむ。そうなのですか。
ちょっと疑問に思ったのですが、周囲にいらっしゃる仕事ができる男で、あまり女性に縁がない男はいますか? もしかすると、「仕事がデキる男」と「女にモテる男」が重なったりするのかな、と思ったので…。

投稿: yuu | 2005年10月31日 (月) 午後 05時12分

長くなります。真面目に考えてみました。
難しいですねぇ。
今の日本で「モテる」とは「複数の異性にちやほやされる」ことを指していますよね。
女性誌でも男性にモテるために「モテ髪」とか「モテ服」とか見出しが躍りますが、「A君の好きな髪型や服装」といった特定の男性の色に染まることは前時代的と嫌悪されていますよね。
なんか矛盾している気がするのですが。
そういう観点でいうと、複数の異性としょっちゅうセックスをしている男性というのは仕事ができない、しない、家事もしない、子供には無視さてている、口数が多い、嘘つき、モラハラ傾向がある人のほうが多いと思います。
男も女も、誰かと恋に落ちるのと、たった一人の人と家庭を築こうと決心するのと、ただモテるのは違うことなのだと思いますね。
どちらかというと、仕事ができる男性は女性の前に出てくることはなく完全なる男性社会におられる方のようでモテからは遠い気がします。
ただ、特殊な業種で20代の5年ほどだけバリバリ仕事して給与もよく、35歳が限界で頭打ちのような世界の男性はお金とモテが比例しているようですが(笑)でも、遊ぶ女性に困らなくても、健やかなる時も貧しき時もかわらぬ人を得られなかったという点では非モテかも知れませんね。

投稿: よ~こ | 2005年11月 6日 (日) 午前 05時24分

>>よ~こさん

コメントありがとうございました。

>今の日本で「モテる」とは「複数の異性にちやほやされる」ことを指していますよね。

確かにそうですね。そう考えると、「モテる」男性は、女性関係にだらしなくなりがちでしょう。仰るとおり、仕事ができない、家事もしない、子どもに無視されている、となりやすいと言えますね。

>仕事ができる男性は女性の前に出てくることはなく

女性のいる職場なら、そうでもないのではないかと。

仕事ができる男性の方が、自分に自信を持ちやすく、それゆえ女性にとっても魅力的にうつるように感じるのですが、いかがでしょうか? そういう男性の中に、寄ってくる女性の魅力に負けてしまって…というタイプもいるのではないかと思うのですが…。まあ、「一般的でない」と言われれば、そうかもしれません。


投稿: yuu | 2005年11月 9日 (水) 午後 06時24分

>複数の異性としょっちゅうセックスをしている男性というのは仕事ができない、しない、家事もしない、子供には無視さてている、口数が多い、嘘つき、モラハラ傾向がある人のほうが多いと思います。

んー、面白いですね。奥さんとラブラブでも浮気しまくっている男性もいたから、一概には言えないと思うけれど、少なくとも「嘘つき」は間違いないですね。モラハラ傾向というのは、多分その男の人自体が「セックス依存症(女を落としてセックスするときにのみ、快楽を感じられる)」なので、精神的になんか障害が出てるんじゃないでしょうか。

>男も女も、誰かと恋に落ちるのと、たった一人の人と家庭を築こうと決心するのと、ただモテるのは違うことなのだと思いますね。
どちらかというと、仕事ができる男性は女性の前に出てくることはなく完全なる男性社会におられる方のようでモテからは遠い気がします。
ただ、

男の子の友達で外科医がいて、外科は完全な男社会ですが、看護士さんという「セックス供給要員」がいて、彼女たちは自分たちに旦那がいようななんだろうが、誘ってくると言ってました。忙しいし時間が不規則だから、彼女たちのほうもストレスが溜まっているようです。

>特殊な業種で20代の5年ほどだけバリバリ仕事して給与もよく、35歳が限界で頭打ちのような世界の男性はお金とモテが比例しているようですが(笑)

外資IBですか?それとも大手渉外弁護士?弁護士さんでそんなに鬼畜な話は聞いた事は無いけれど(社会的信用や立場もあるし)、外資IBは身分に関わる社会的制約が少ないせいか、酷い人は酷いですね。金に釣られてちやほやする女性がいる限り、彼らの非道は止まらないでしょうね。

投稿: cg | 2006年3月 9日 (木) 午前 06時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★仕事がデキる男に浮気をさせないためには:

« ★子供の結婚のため、親が見合いする時代に | トップページ | ★「不倫はダメ」「不倫こそ真の恋愛だ」の両方に効く薬 »