« ★男はまず妻を大切に | トップページ | ★女性を満足させるには »

★不倫の終え方

不倫は、始めるよりも終える方が難しい。20代後半の未婚男性が、2人の子供を持つ8歳年上の既婚女性と恋に落ちた。「YOMIURI ONLINE」より。

「恋」や「愛」という言葉以上の存在として思い合い、求め合っています。世間一般でいう「不倫」という関係なのかもしれませんが、「そんな言葉にも属さないそれ以上の関係」と、彼女の方から言ってくれました。「恋人以上、夫婦以上」とでも言いましょうか、家族や親類以上の親近感があります。(中略)私と彼女が結ばれるということは有り得ないと頭ではわかっています。彼女は「せめてあなたの子が欲しい」と言ってくれます。この先、私たちはどうすればよいのでしょうか。

愛する男の子供を宿すこと、そして、その子を産むことを望む女は多い。子供によって、愛する男との絆をより深めたいのだろう。

しかし、女の気持ちを男がそのまま受け取るわけにはいかない。この相談者の場合、すでに子供がいる彼女を、今の家庭から引きはがして、本当に幸せにできるのか。心残りのない形にできるのか。よほど状況が整わないと、まず無理だろう。彼女を大切にしているのなら、一緒に暮らす以外の方法で、幸せを与えることを目指すべきではないか。それが、彼女の夫や子供たちのためにもなる。

ただ、男が幸せを感じるのはなかなか難しい。自分とは関係ない場所で彼女が幸せであることを、自分の幸せとすることができるか。それが問題だろう。

それにしても、大森一樹の「夫と2人の子どもがいながら、なお『せめてあなたの子が欲しい』という言葉に私は今ひとつ共感が持てません」というのには、がっかりさせられる。想像力が欠如しているか、貧弱な感情生活しか送ってこなかったのではないかなあ。

|

« ★男はまず妻を大切に | トップページ | ★女性を満足させるには »

恋愛」カテゴリの記事

夫婦・恋人のために」カテゴリの記事

不倫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★不倫の終え方:

« ★男はまず妻を大切に | トップページ | ★女性を満足させるには »