« ★「思惑通りの結婚」って? | トップページ | ★なぜ親子心中を試みて、親が生き残るのか(2) »

★なぜ親子心中を試みて、親が生き残るのか(1)

読売新聞のサイトから。親子心中を図って、子供だけ亡くなっている。

千葉県警銚子署は6日、同県銚子市植松町、パート配達員高橋純子容疑者(43)を殺人の疑いで逮捕した。調べによると、高橋容疑者は5日午後、同市桜井町の公園駐車場に止めた軽乗用車内で、幼稚園児の三男昌悟ちゃん(6)の首をひもで絞めて殺害した疑い。高橋容疑者は容疑を認めているが、動機については口を閉ざしているという。2人の左手首には、ともに切り傷があり、車内からカミソリが見つかった。県警は、高橋容疑者が心中を図ったとみて調べている。

親子心中については、つねづね「単なる殺人でしかなく、同情の余地はない」と考えているのだが、同時に死ねる方法ではなく、なぜか先に子供を殺す親が多い。なぜだろうかと、いろいろ考えていたのだが、1つの理由を思いついた。もちろん、実は自分が死ぬのは怖くて、意識的に、あるいは無意識的に子供は確実に殺しておいて、自分は深い傷を負わないようにする、ということがあるかもしれないが、それは今は考えないことにする。

(続く)

|

« ★「思惑通りの結婚」って? | トップページ | ★なぜ親子心中を試みて、親が生き残るのか(2) »

恋愛」カテゴリの記事

女性のために」カテゴリの記事

男性のために」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★なぜ親子心中を試みて、親が生き残るのか(1):

« ★「思惑通りの結婚」って? | トップページ | ★なぜ親子心中を試みて、親が生き残るのか(2) »