« ★スコートではなく、ミニスカートに惹かれるのはなぜか | トップページ | ★射精は至福の体験ではない »

★ミニスカートの中にあるのは何か

再び、森岡正博の「感じない男」から。森岡は、ミニスカートによって隠されているものは何か、と自らに問う。

ミニスカの中が見えてしまったとき、そこに女性器があらわになっていたとする。そのときに、私は欲情するだろうか。答えは、ノーだ。欲情しない。私の欲情装置からすれば、ミニスカの中身は、白いパンツに限る。私のセクシュアリティから言えば、女性器は「包まれていなければならない」のである。(19ページ)

「何を馬鹿な」とお思いの女性も多いだろうが、確かにそうだと私も思う。大昔、田畑が続く田舎の中を走る電車の中から、60代は越しているとおぼしき女性がこちらを向いてしゃがんでいるのを見たことがある。そして、開いた膝の間から白いパンツが見えたのである。もはや中年というには年を取りすぎている女性の白いパンツに、思わず私は気持ちをそそられたのを思い出す。その情景を見てから軽く15年は経っているはずだが、いまだにおぼろげながら、その情景を思い出せるということは、よほど印象が強かったのであろう。

その女性が、万一パンツをはいていなかったとしたら、どちらかというと思い出したくない想い出に分類されただろう。確かに、スカートの中の女性器は「包まれていなければならない」と思う。

|

« ★スコートではなく、ミニスカートに惹かれるのはなぜか | トップページ | ★射精は至福の体験ではない »

恋愛」カテゴリの記事

セックス」カテゴリの記事

女性のために」カテゴリの記事

男性のために」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★ミニスカートの中にあるのは何か:

» 感じない男 内容と批評(5) [感じない男ブログ]
ISBN:4480062211:detail >> 「無痛文明論」の著者が満を持して放つ、衝撃のセクシュアリティ論。ロリコン、制服、男の不感症という禁断のテーマに正面から挑んだ問題作。忽ち重版したみたいです。 > 「したがって、次のように正確に言い直さなければならない。すなわち、大事なのは、スカートの中身を隠そうとする意志があるにもかかわらず、スカートの中身が見えそうになっていることである、と。」(17頁) > 「射精についての神話がある。それは、射精はすごく気持ちのよい、至... [続きを読む]

受信: 2005年5月19日 (木) 午前 07時31分

« ★スコートではなく、ミニスカートに惹かれるのはなぜか | トップページ | ★射精は至福の体験ではない »