« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

★既婚者の3割がセックスレス

10代から40代の既婚者を対象にした調査で、日本人男女の約3割がセックスレスの傾向にあるらしい。ソースはこちら

性交渉の経験があると答えた1329人に、この1か月間の回数を聞いたところ、最も多いのが「なかった」の35・2%。現在結婚している人に限ってみると31・9%(男性28・4%、女性34%)だった。また「1回」から「4回」までがそれぞれ1割前後だった。 (中略)結婚しているセックスレスの人の傾向を分析したところ、性交渉に関心が薄く、異性とかかわることを面倒だと感じる一方、避妊方法を相手と十分相談しないなどコミュニケーション上の問題も見られた。また19・2%は、1年以上の長期間性交渉がなかった。

性交渉の経験があると答えた1329人のうち、この1ヶ月間「なかった」が35.2%というのはわかる。単に相手がいないからかもしれないからだ。しかし、問題は既婚者もまた31.9%が1ヶ月間誰ともセックスしていないことだろう。「多い多い」と言われていたが、実際に数字を突きつけられると、なかなかの驚きだ。

確かに、異性と関わるのは面倒だ。自分とまったく違う世界に住んでいるから、というのが1つの理由だ。しかし、面倒だからこそ、そこから何かが見えてくる可能性があるはずなのだが、そういうことに思い至らないか、それを無視する人が多いのだろうか。

ところで、ふと思ったのだが、たとえば眼鏡をかけている人が全体の3割に達していても、その人たちを“病気”だとはみなさない。セックスレスもまた、もはや“病気”ではないのかもしれない。もちろん、それによって困っている人がいないと仮定しての話だが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »