« ★セックスを鍋料理にたとえると | トップページ | ★恋は冷めてしまうが、愛は育つ »

★愛は励ましと慰めに分けられる

五木寛之は、愛を「慈悲」の心ととらえ、さらにそれを「慈」と「悲」に分ける。五木寛之「愛に関する十二章」から。

慈の愛と悲の愛、言葉を換えて言えば、励ましと慰め、と言えるのかもしれません。慈の愛は人々を立ち直らせ、勇気づけ、元気づける愛、そして、高いところへ、共に歩いていこうという呼びかけの愛。片方の悲の愛は何も言わずに黙っている、ただ自然にわき上がってくるものが、相手に伝わっていくという無言の愛。(84ページ)

2つの愛には“使い分け”の必要がある、と五木はいう。相手に立ち直る力があり、まだその気力を残しているのなら、慈の愛=励ましでいいが、もはや立ち直る力が残されていないのであれば、悲の愛=慰めが必要となるのではないか。

何も言わずに、そばにいて、相手の顔を見て、黙って、相手の話を聞く。言葉が出ないときはそっと相手の心に寄り添って笑っている。そして、少しでも、自分の方に相手の苦しみが伝わってきますようにと心の中で願う。そういう感情を悲というのです。(85ページ)

いささか単純すぎるきらいはあるが、両方の“愛”を心に秘めて、人に相対していこうと心がけることは悪くないだろう。

|

« ★セックスを鍋料理にたとえると | トップページ | ★恋は冷めてしまうが、愛は育つ »

恋愛」カテゴリの記事

女性のために」カテゴリの記事

男性のために」カテゴリの記事

夫婦・恋人のために」カテゴリの記事

コメント

悲の愛、「慰め」というよりは「吸収」なのでしょう。悲しみを吸い取ってあげることしかできないのは、とてもつらく忍耐がいることではないかな。

投稿: mia | 2005年3月10日 (木) 午前 05時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ★セックスを鍋料理にたとえると | トップページ | ★恋は冷めてしまうが、愛は育つ »