« ★亡くなって30年経った伴侶に呼びかける | トップページ | ★既婚者の3割がセックスレス »

★2番目に好きな人と付き合ってみる

再び市川拓司「そのときは彼によろしく」から。智史は、中学生の時から15年間、自分が花梨のことを好きだったをはっきりと自覚する。

15年、彼女(引用者注:花梨)のことを思い続けてきた。2番目に好きな女性と付き合ってみたりもした。でも、慣れないことをすべきじゃないと、ぼくは思い知らされた。ぼくには複雑な恋は似合わない。と言うかできそうもない。15年なんて、あっという間だ。おそらく45歳のぼくは今日の日のことを思い起こし、きっとそう感じるはずだ。そして、60歳のぼくも、同じように45歳の自分を振り返ってそう思うだろう。ならば、できるだけシンプルに行きたい。あれもこれもって手を出している暇はない。要はそれは容量の問題なのだ。ぼくの引き出しは彼女で手一杯。それだけのこと。(340ページ)

1番目に好きな人がコロコロ入れ替わったり、1番目に好きな人がいなかったりする人----つまり、特に好きでもないのに異性と付き合う人----はシアワセだ。あるいは、1番目に好きな人と大手を振って付き合うことができて、一緒にいられる人はシアワセだ。

しかし、智史のように、1番目に好きな人が心の中の奥深く、もっとも大切なところを完全に占領してしまっているのに、別の人と付き合わねばならない状況に陥る人もいるだろう。そのときの空しさとどうしようもなさは、ほろ苦く心にしみいってくる。天を仰いでも、下を向いてため息をついても、いかんともしがたい。

智史の場合は、智史が花梨のことを愛しているのと同じように、花梨も智史のことを愛していることを知っているから、そしていずれ眠りに就く花梨が目覚めて、自分のところに戻ってくると信じられるから、待つことが楽しくなるのだろう。自分が愛している人が、自分よりも大切なものを持っているとき、そしていくら待っていたとしても自分のもとに戻ってこないとわかっているとき、待つことは、自分が生きている限り続く拷問となる。

花梨がもし智史ではなく、佑司のことが好きだったとしたら、佑司も花梨のことが好きで、佑司と花梨が手を取り合って智史のもとから去っていくようなことになったとしたら----この小説の筋からは、まったく外れてしまうが----、いったい智史はどう考えるだろうか。それでも花梨のことを思い出すのが楽しいだろうか。いや、きっとそんなことはあるまい。

いったいどうしたものやら・・・。

|

« ★亡くなって30年経った伴侶に呼びかける | トップページ | ★既婚者の3割がセックスレス »

恋愛」カテゴリの記事

恋愛に関するもろもろ」カテゴリの記事

過去のこと」カテゴリの記事

コメント

「2番目に好きな人」かあ・・・・

一番目に好きな人と絶対結ばれないとしたら・・・・・2番目に好きな人と付き合うのではなく、2番目に好きな人が一番目と思えばいいのに・・・

そうはやっぱりいかないんだよね・・・

投稿: mia | 2005年3月29日 (火) 午後 10時04分

拷問を経験する人は、恋愛を経験したことのある人と同じ割合で存在するでしょうね
ところが、苦しさの連鎖に耐えきれず、そのうち諦めてしまいますね
わたしも1度、そういう苦しみを味わったのですが、どうせ終わるならと、仕掛けた博打が当たって、思いが叶いました
合鍵を渡して、仕事から帰って、その人が部屋で待っていてくれた時は、あまりの幸福感に、本気で泣いてしまいました
あれだけ苦しんだからこその達成感みたいなものだったんでしょうね

投稿: アリア | 2016年1月 1日 (金) 午後 06時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1843/3468402

この記事へのトラックバック一覧です: ★2番目に好きな人と付き合ってみる:

» チェックしているブログ [☆スイスポ乗りじゅりあ軍曹のブログ★]
私がちょくちょくチェックしているブログ たくさんの男たちに、いっぱいのプレゼントを買ってもらう方法! 私はあまり人からモノをもらうのが好きじゃないけど、この... [続きを読む]

受信: 2005年3月29日 (火) 午後 12時57分

« ★亡くなって30年経った伴侶に呼びかける | トップページ | ★既婚者の3割がセックスレス »