« ★高校生の性行動は抑制すべきか? | トップページ | ★「結婚するにはどうすればいいか」を簡単に考えると »

★奈良県が結婚相談所業務を開始?

タイトルはちょっと大げさかな(笑)。離島や地方の寒村で、役所が男性のお嫁さん探しに手助けをする例はよく聞くが、県全体で晩婚化・少子化を阻止する動きも出てきた。ソースはこちら

 独身男女に出会いの場を提供し、少子化に歯止めをかけようと、奈良県は新年度から、レストランなどで開く合コンなどの日程を希望者にメールで配信する企画を始める。 また、既婚者や結婚間近のカップルのなれ初めなど経験談を8月から公募し、「幸せなふたりの出会い100選」としてまとめたうえ、入選作を“恋愛マニュアル本”として出版する。 県によると、4月から、県内のレストランやホテル、スポーツ施設などと協力して〈結婚応援団〉を結成。合コンやお見合いパーティー、スポーツ大会を企画してもらい、その日程や参加方法などを県のホームページ(HP)に登録した男女にメールマガジンで知らせる。

晩婚化と少子化をセットにして考えると、「未婚率は下がったのに、出生率が上がらない」という現象に頭を悩ませることになるので、もう少し考えては…というのが、最前からの私の主張だが、それはさておき。

かなりの規模で出会う場を提供すれば、多少の効果はあるだろう。東京でこれをやっても、ほとんど意味はないと思われるが…。

|

« ★高校生の性行動は抑制すべきか? | トップページ | ★「結婚するにはどうすればいいか」を簡単に考えると »

恋愛」カテゴリの記事

男と女に関するニュース」カテゴリの記事

コメント

結婚しなくてもと思うのは自由だと思うけど
結婚しないで、何か目標があれば良いとおもいます。
別に少子化対策のために、子供はつくらなくて良いと思います。あくまでも個人の気持ちの中でよいのです。
ただ、目標もなく、結婚せず、ただなんとなくという女性があまりにも多いのが残念です。

投稿: フェアリー | 2005年3月14日 (月) 午後 01時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★奈良県が結婚相談所業務を開始?:

« ★高校生の性行動は抑制すべきか? | トップページ | ★「結婚するにはどうすればいいか」を簡単に考えると »