« ★セックスのボランティアは成立するか | トップページ | ★どんな相手と結婚したい? »

★将来のビジョンを持たないオトコはカッコ悪い?

将来のビジョンを語れる男はカッコイイ。孫正義とか堀江貴文とか、人々が「あっ」と驚くようなことをする連中は、最高にインチキ臭くて、ギラギラしていて、でも何かパワーを感じて、イイ。毛嫌いする女性は少なくないだろうが、逆に惹かれる女性も多いだろう。同じ男として、ああいう目標を追いかける姿は少しうらやましい。私なんぞには、あんなことをする能力も気力も欲求もない。

結婚相談所に登録していた頃、バリバリのキャリアウーマンと数ヶ月ほど会っていた時期があった。ある時、「あなたの仕事で、5年後のビジョンは?10年後はどうなるのかしら」と尋ねられた。父親が酒乱で家にお金を入れなかったため、母親が働いて家計を支えていたらしい。それが理由で、男性には将来の展望を確認したいらしい。

自慢じゃないが、私と同じ職種で、5年後のビジョンを明確に描いている人間なんてほとんどいない。ましてや、10年後なんて…という感じだ。給料が下がらずに転職することも十分可能な業界であることも、関係あるのかもしれないけれど。ともあれ、将来のビジョンを明確にできなかった私は、嘘をつくのも嫌だったので、できるだけ精確に自分の仕事を説明した上で関係を解消したわけだが、そこでふと思い出した本があった。「べてるの家の「非」援助論―...シリーズケアをひらく」だ。

誰でも、子どもの時から大人に至るまで、勉強にしろスポーツにしろ、他人より秀でていることをよしとする価値観の中で精一杯生きている。(中略)しかし元来、人間には人としての自然な生き方の方向というものが与えられているのではないか。その生き方の方向というのが、「右下がり」である。登る生き方に対して「降りる生き方」である。(39ページ)

5年後、10年後は今よりも必ず“登った”状態にいなければならない。それが“右上がり”の考え方だ。“右上がり”が好きな人は、そうすればいい。だが、私は“右上がり”では“忘れ物”が多くなりすぎるような気がしてしまう。だから、「今をしっかり生きる」とか「今の延長としての将来は考える」くらいはできるのだが、「今と直接つながらない未来に、明確なビジョンを持つ」とか「夢に向かって、猪突猛進する」ことには抵抗がある。というより、どうしてもできないのだ。

そういう私は、明確な将来のビジョンを持って仕事をしている男と比べれば、圧倒的にカッコ悪いだろう。結婚相手としては、問題があるだろう。しかし、どうしても「それで?」と思ってしまう。

・・・だから、結婚相談所は無駄だったんだな。(苦笑)

|

« ★セックスのボランティアは成立するか | トップページ | ★どんな相手と結婚したい? »

恋愛」カテゴリの記事

男性のために」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。ぱんだです。

ビジョンねぇ…。

っていうか、「ビジョン」より「好きなこと」を持っている人のほうが前向きかな?って思うんですよ。
「ビジョン」=「未来像」だけど、それで頑張っている人は確かにいいけれど、でも、つまんないと思う。あときっと大抵の人は「言う」だけのような気がします。あくまで理想像。
それって、実はカッコいい様でカッコ悪い。
だったら、「好きなこと」をやっていて、今を楽しんでいる人のほうがずっとずっと前向きに生きているようなそんな気がして。
それだけじゃ困るのもわかるんだけど(^^ゞ

私はいつでも進行形の人間でいたいな。

投稿: ぱんだ | 2004年9月17日 (金) 午前 09時20分

私も、ぱんださんに同感です。

自分がしたい生き方をするのは各自の自由ですが、
他者にそれと同じ価値観を要求するのは、少し傲慢な
ように思います。

何より、今を楽しくせいいっぱい生きることができないのに、
明るい未来なんてあるのかな。
明日、あさって、しあさって・・・みんな、今日を
通りすぎなきゃやってこないのに。

投稿: shinotaro | 2004年9月17日 (金) 午前 09時33分

「右上がり」で猛進してきた結果、今の日本社会はそのぶり返しで
苦しんでいるように思います。
それ以外の方法(生き方)をようやく考えられるようになったというか。
日本人はまじめな気質なので頑張っちゃうんですね。
ひとりひとりは色々な考えを持っているにも拘らず、“全体”の空気に
飲み込まれてしまう。
他の国のように階層がないことも“全体”意識の要因のひとつかもしれません。
「孫正義とか堀江貴文」を同レベルで意識してしまう。
日本人は“世間”とは一所懸命向き合うけど、自分自身とは
真剣に向き合ったことのない人が多いのでは。
自分自身が思うこと・やりたいことより、世間にどう映るか
ということが行動規範になってしまって、人生を楽しめていないようですね。
私自身も意識して自分が心地よいと思えることを優先するよう心がけております。
但し他人様に迷惑をかけてはなりませぬが。

投稿: かえで | 2004年9月17日 (金) 午前 11時12分

>将来のビジョンを語れる男はカッコイイ。
そうかも知れないし、違うかも知れない。

自分が勤める会社の社長さんなら、将来のビジョンを語れなきゃ、こっちが困るけど・・・

夫にする人なら、必ずしもそうでなくてもいいと思う。
ずっとその人と人生を歩いていける、歩いていきたい、そんな気持ち・感覚が大事だと思います。

投稿: mia | 2004年9月17日 (金) 午後 09時48分

ぱんだ>それだけじゃ困るのもわかるんだけど(^^ゞ

「5年後、10年後のビジョンを持って欲しい」というのは、結局のところ、くだいていえば「テメーは、5年後には取締役くらいにはなるつもりがあるか?年収は1000万円超すくらい頑張るつもりがあるか?一家xx人をしっかり養うつもりはあるのか?ムツカシイ資格の1つや2つはとるんだろーな?次の会社は外資系だろーな?まさかアタシのヒモになるつもりはねーだろうな? ええ、おい」ってことでしたね。そこで、「任しとけ!」と胸を叩いてはったりを言えるような性格ならよかったのですが、あいにく(バカ)正直なもので(苦笑)。

shinotaro>自分がしたい生き方をするのは各自の自由ですが、他者にそれと同じ価値観を要求するのは、少し傲慢なように思います。

ま、他者といっても、将来のオットになるかもしれない男なわけで、多少は要求されても仕方ない・・・って思ってました。ただ、こんなに要求されるとは思ってませんでしたけどね。(苦笑)

かえで>「右上がり」で猛進してきた結果、今の日本社会はそのぶり返しで苦しんでいるように思います。

そうですねー。「右上がり」の人生を楽しんでいる人は、えてして「右上がり」以外の人生をなかなか認めてくれないですよね。「ほら、アンタも頑張って、『右上がり』になりなよ」とは言ってくれるんだけど。

mia>ずっとその人と人生を歩いていける、歩いていきたい、そんな気持ち・感覚が大事だと思います。

ふむ、確かに。まあ、結婚相談所で出会う場合には、なかなかそこまで感情が盛り上がることは少なくて、「ま、このあたりで我慢するか」という感じになるかも。

投稿: yuu | 2004年9月18日 (土) 午前 03時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1843/1454594

この記事へのトラックバック一覧です: ★将来のビジョンを持たないオトコはカッコ悪い?:

« ★セックスのボランティアは成立するか | トップページ | ★どんな相手と結婚したい? »