« サイドバー、折りたたみました | トップページ | ★もしアナタが今死ぬとしたら »

★夫とのセックスを断る女性へ

2つ下の記事の続き。
夫とのセックスを断る女性は、「夫の心を傷つけるとわかっているが、やっぱりイヤなものはイヤ」とか「私はしたくないから、夫には我慢してもらおう」とか、だいたいの場合、夫に対する悪影響は“事前に”感じているのだと思う。

ただ、“その悪影響がなぜ生じるのか”については、無頓着な女性もいるかもしれない。「なぜ男はセックスを拒否されたくらいで、ひどく不機嫌になるの?」と不思議に思う女性のために、ちょっと解説。再び岩月謙司「娘は男親のどこを見ているか」から。

 女性から男性への肯定や支持というのは、夫がいざとなったときにこそ発揮されます。物事は何でも、いざとなったときに真価が問われるものですが、愛された女性は、自分を愛してくれた者が危機に陥ったとき、極めて積極的に行動します。

 誇りを持ち、仕事を楽しんでいる夫でも、会社の仲間に意地悪されたり、嫉妬されたり、あるいは、不況で会社が倒産したりして挫折することもあります。めげたときこそ、妻からの応援が男性は必要です。(132ページ)

「妻からの応援」の中で、かなり効果的なのがセックスなのである。つまり、妻にセックスを許してもらうことで、「妻に励まされた」と感じるものなのである。だから、妻にセックスを拒否されると、本来受けられるはずの“励まし”を受けることができず、仕事にまで差し支えが出てくることもある。だからといって、たとえ夫であっても、嫌な男とのセックスを受け入れられないという気持ちは、よくわかる。拒否したい気持ちを、むしろ大切にして欲しいくらいだ。そこでどうするか、なかなか難しい問題なので、一概に「こうすればいい」とは言えないが…。

まあ、妻の体を性欲のはけ口にしか考えていない男も少なくないだろうから、そういう男は、妻からの“励まし”をきちんと受け取っていないのかもしれないけどね。

|

« サイドバー、折りたたみました | トップページ | ★もしアナタが今死ぬとしたら »

恋愛」カテゴリの記事

セックス」カテゴリの記事

女性のために」カテゴリの記事

コメント

近頃の女性は肝っ玉母さん(見てくれではなく、精神が)的な
包容力のある人が少ないように感じます。
何でも損得で勘定してしまうような...。
相手が夫であろうと彼氏であろうと、まずは自分!といった考えで、女が自己主張するようになったってことなのかもしれませんが、「ここは引いといたほうがいいんじゃない?」って
とこまで押しまくる。 
TV番組の離婚訴訟ものなどで知恵がついて、幾ら取らなきゃ損とか、そんな話しばっかりですね。
包容力に関しては男性も同じでしょうか。 この不景気のせいで男性もめっきり迫力なくなってしまいましたね。
テーマとは少し離れてしまったけど、自戒の意味も込めて。

投稿: かえで | 2004年6月21日 (月) 午後 03時19分

>セックスを拒否されると、本来受けられるはずの“励ま   し”を受けることができず、仕事にまで差し支えが出て
 くることもある。

セックスが励まし...とは、女性にはすんなり理解できな
いですな。 どういうことなのだろう?
受け入れてもらえたってことが、男性には“励まし”になる
のでしょうか? 言葉じゃ励まされた気になりませんか?

投稿: またまた、かえで | 2004年6月21日 (月) 午後 03時24分

かえで>受け入れてもらえたってことが、男性には“励まし”になる
のでしょうか? 言葉じゃ励まされた気になりませんか?

もちろん、言葉も励ましにはなります。ただ、その影響力が違うんですよね。言葉が数日間男の気持ちを励まし続けてくれるとしたら、セックスは数週間持続します。あ、もちろんセックスの嫌いな男は、別ですけどね。それから、セックスを軽んじている女から許されたセックスも、特に励ましにはなりません。セックスを大切に考えている女に、気持ちを込めて許されたセックスは、それを感じ取る能力のある男を強力に励まします。男だって、セックスで気持ちが安定することはあるんですよね。

投稿: yuu | 2004年6月22日 (火) 午後 06時38分

>言葉が数日間男の気持ちを励まし続けてくれるとしたら、
セックスは数週間持続します。

うーん、わかったような、わからないような。
女性には理解できない感覚なのか...。
男と女は、同じ人間でも頭の中は全然別のことを考えているものなのでしょうね。
私も一度男になってみたい。

投稿: かえで | 2004年6月23日 (水) 午後 01時57分

>言葉が数日間男の気持ちを励まし続けてくれるとしたら、
セックスは数週間持続します。

うん、本当に心のこもった気持ちいいセックスなら、数週間効果が続くかも知れませんね。私もそう感じます。

>セックスを大切に考えている女に、気持ちを込めて許されたセックスは、それを感じ取る能力のある男を強力に励まします。
・・・ここのところの、「気持ちを込めて許されたセックス」が、面白い。・・・へえ、セックスって、女が男に許すものだったのか・・・・その感覚が、女の私にとっては、新鮮です。

投稿: mia | 2004年6月24日 (木) 午前 04時15分

拒否の仕方にもよりますね。
個人的には「明日早いから」とか「家事が残っているから」
という形の拒否が一番堪えます。それが事実だとしても。
「今日はしたくない」とダイレクトに言ってもらえたほうが
精神的ダメージが少ないですね。

投稿: rebuild | 2004年6月25日 (金) 午前 12時09分

かえで>うーん、わかったような、わからないような。
かえで>女性には理解できない感覚なのか...。

そうですか・・・。むしろ女性にわかりやすい感覚だと思ったんだけどな。だって、セックスの快感は女性の方がずっと大きいし、感情を記憶しておく能力も(一般的に)女性の方がずっと高いし、嫌なセックスで汚れやすいのも女性なら、素敵なセックスでいいものをためておきやすいのも女性なのでは?

いいセックスによって励まされる感覚を持ち続けられる男性は、もしかしたらあまり多くないかもしれないけれど、いいセックスによって幸せな気持ちになれる女性は多いのかも・・・と思っています。が、違うのかな??

mia>へえ、セックスって、女が男に許すものだったのか

「セックスさせてもらう」のは男でしょ?(笑) 女ではないと思うなー。ま、これってさ、「セックスしたいのは男」「仕方なく許してやるのは女」というステレオタイプな考えの一部だとも言えるかもね。女が「セックスしたいよー」って言っても、全然不思議じゃないんだし、「許してやるのは女」という考え方はよくないかもね。

rebuild>個人的には「明日早いから」とか「家事が残っているから」
rebuild>という形の拒否が一番堪えます。それが事実だとしても。

あ、そうなんですね。言われてみれば、「したくない」という気持ちを隠しているわけですから、隠していることがわかる方にしてみれば、いい気持ちはしないですよね。奥さんに直接「したくないんだよね?」って聞いてみても、ちゃんと答えてくれないのかな? それとも、そういうことは聞いちゃいけないのかな??

投稿: yuu | 2004年6月25日 (金) 午前 04時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★夫とのセックスを断る女性へ:

« サイドバー、折りたたみました | トップページ | ★もしアナタが今死ぬとしたら »