« ★“付き合っている”ってどういうこと? | トップページ | ★関係の修復には貯金が必要 »

★ドラマのようなカッコいいセリフを吐くワケ

毎日インタラクティブのサイトから。

女の子が別れ話を切り出しても、昔のように「よし子ー行かんといてくれー」などと泣いてすがるようなことはしない。「お前の一生の中でおれほどお前を愛した男はいないってことは覚えておいてくれ」とか、「振り向いたらおれはいつもお前の後ろにいるから」などと言って、かえって女の子にゲーッと思われたりする。とにかくドラマのようなカッコいいセリフを吐いて、本当のことは言わないのだ。

「カッコいいセリフ」は、実際にうまくいかなかった恋愛の進み方が、自分の中にあらかじめ作ってある“物語”からできるだけ外れないようにして自分を守るための、一種の工夫なのかもしれない。別れを切り出されることが不測の事態であれば、深く傷つく可能性がある。そこで、芝居めいたセリフを吐くことによって、深く傷つかないようにするのだ。

つい最近別れ話を切り出した女の子が、男の子に言われたそうだ。「お前を愛したことをおれは一生後悔しないから」 (その女の子は)「ありがとう」と返事をしたものの、本当のことを言えば、「それがどうした」だったそうです。

飽きられてしまえば、嫌がられてしまえば、「おまえを愛したことを俺は一生後悔しないから」などと言ってみても、キモチ悪がられるだけ。悲しいが、これが現実だろうなあ。その前に、「一生後悔しない」と言えるくらい、相手の女性を愛したのかが問題だけど。

それにしても、傷つかないように自分を守るのは仕方ないが、ときどきは心をフルオープンにして傷つく危険を冒すのも悪くないと思う。そういう状態でしか入ってこない“大切なもの”もあるからね。

|

« ★“付き合っている”ってどういうこと? | トップページ | ★関係の修復には貯金が必要 »

恋愛」カテゴリの記事

女性のために」カテゴリの記事

男性のために」カテゴリの記事

コメント

あはは。カッコいいセリフを吐きたがる心理、よくわかります(笑)。でも別れる女性にしてみればたしかにそれはキモイんだろうなぁ。でも女性にしても別れてしまってもその相手の写真を捨てられずにいたりと結構「美しい思い出」としてとって置きたい人も結構いるよね。中にはそのセリフがいつもその相手の心に残っていて寂しく辛い時によりを戻したくなる種となるということはないでしょうか?そこまで考えてつぶやくなら・・・計算高いずるさがあるね(苦笑)

投稿: miyashu | 2004年5月20日 (木) 午後 09時24分

女にとっては、実時間が長かろうが、短かろうが、一旦別れてしまえば、その男性とのシーズンは終わり。別れる際にどんな言葉を男性が吐こうが、やっぱりお別れですね・・・

だから、別れの時には、その男性と付き合った自分を後悔せざるをえないような言葉を吐く男性は、困りものですよね・・・

せりふはさておき、ともかくすっきりとお別れできるのが、一番印象いいと思います。

別れのせりふがかっこいいから、よりを戻したくなる、ってことは、少なくとも私には、あり得ないでしょうね・・・。


>芝居めいたセリフを吐くことによって、深く傷つかないようにするのだ。
うん、よく分かります、その気持ち。私も、相手から別れを切り出されたら、そうするでしょうね。これは、男女共通の行動なんじゃないかな・・・(少なくとも私は、そうしますね、きっと(笑))

投稿: mia | 2004年5月21日 (金) 午前 12時12分

~深く傷つかないようにするのだ、のくだり思わず頷いてしまいました。
恋愛の最後のときに
あえてカッコつけるのは一種の強がりなんだと思います。
弱い自分が傷つかないように虚勢をはるわけです。
その結果たいていそうしないよりも傷つくわけですが…
何度も繰り返すといつか傷つかない自分が得られるのでしょうか。またがんばろう。

投稿: Takeshi | 2004年5月21日 (金) 午前 02時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★ドラマのようなカッコいいセリフを吐くワケ:

« ★“付き合っている”ってどういうこと? | トップページ | ★関係の修復には貯金が必要 »