« ★彼or彼女に声をかけるべきか否か | トップページ | ★いつから「私の子ども」と言えますか(続) »

★女性が自立するということ

内田樹「子どもは判ってくれない」より。自立というのは、「バカな他人にこき使われないですむ」ことだと断じる。

「あら、あたしは何も社会的能力ないけど、金持ちの男つかまえるからいいのよ」というような不埒なことを言う女もいる。

だが夫に稼ぎがあって、「高価でおいしいイタリアンレストラン」や「広い家」が確保されていたとしても、夫が「バカな他人」である限り、自己決定の道は構造的に閉ざされている。だって、何の社会的能力もない女を喜んで妻に迎えるような男は、家事労働者と性的愛玩物として「こき使う」ことしか配偶者に求めていないからだ。(106ページ)

まあ、結婚にはいろんな場合があると思う。「何の社会的能力もない女」と結婚したがる男はともかく、成り行きで結婚してしまうことだってあるはずだ。だから、結論はちょっと言い過ぎという感じもするが…。

それより、外国に留学したいと思っている若者に、ちょっと読んで欲しい個所がある。

大学卒業後、外国に留学する学生が多い。しかし、二年や三年漫然とアメリカやフランスにいたくらいで習得できる「技術や知識」にはほとんど付加価値が伴わない。(中略)どのような場所であれ、そこで獲得できる社会的リソースは、そこで過ごした時間の密度と、そこに投じた努力の対価である。漫然と過ごした時間に対しては、誰も「値札」を付けてくれない。(106ページ)

これで思い出したのだが、以前勤めていた会社にアルバイトで来ていた大学生で、とある大学の理系学部に通っていたのだが、何の理由か進級できず、それを契機に退学してしまった女性がいた。その女性の姉は結構なエリートコースを歩んでいたらしく、学生時代に留学して、有名企業でばりばり仕事をしていたようだ。どうも彼女の方は、姉にコンプレックスを抱いていたみたいで、いろんな人が止めたのだが、どうしても留学するといって聞かず、とうとう北米のどこかに留学したとのこと。

今考えてみると、その女性にとって重要だったのは、留学することによって中退という“汚点”のついた自分の人生をリセットすることだったのかな、と思う。リセット自体が悪いわけじゃないが、何の目的もなく留学して、少し英語が話せるくらいでマトモな仕事にありつけるほど、今の日本は甘くない。

…ということを、当時はきちんと説明できなかったなあ。

|

« ★彼or彼女に声をかけるべきか否か | トップページ | ★いつから「私の子ども」と言えますか(続) »

女性のために」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

コメント

これくらいの暴論はいいんじゃないかな。

留学経験した立場から言うと・・・
留学したからといって就職に有利なわけでは決してないと思いますが、留学することによって得られる体験はその人の人生にとって大変大きなプラスとなると思います。留学したい人はどんどんすべきだと思いますね。

投稿: miyashu | 2004年4月23日 (金) 午後 10時20分

男性が「自立」する、なんてあまり言いませんよね。・・・だってそれが当たり前のことだから。

女性が「自立」すること、なんていうことが、話題になること自体、自立している人が少ないということなのでしょう・・・

すみません、論旨とは関係あまりないですね・・・・

投稿: mia | 2004年4月24日 (土) 午前 12時07分

>女性が「自立」すること、なんていうことが、話題になること自体

あ、確かにそうですね。話題になること自体、よろしくないですね。

投稿: yuu | 2004年4月24日 (土) 午前 01時11分

現在、留学中の身である私から、言えること。
それは、場所を変えたくらいでは、人は変わらない
ということです。
場所を変えるだけでリセットできるほど
人生は甘くない。
そのことに気づけるなら、留学するのも悪くないですね。
どこにいても、なにをやっていても、要は自分次第。

こちら、私のブログリストに追加させて頂きました。
これからも、よろしくです。

投稿: あきこ | 2004年4月26日 (月) 午後 04時32分

>場所を変えたくらいでは、人は変わらない
ということです。

それがわかるなら、確かに留学もいいですね。
例の女性はわかったんだろうか…。まさか、「自分探し」なんてやってないだろうなあ。やってそうなタイプだったからなあ。

…ってことで、こちらこそよろしくです。
>>あきこさま

投稿: yuu | 2004年4月27日 (火) 午前 03時24分

>リセット自体が悪いわけじゃないが、何の目的もなく留学して、少し英語が話せるくらいでマトモな仕事にありつけるほど、今の日本は甘くない。

留学経験あれば、外資系にいくとそれなりの給料もらえちゃいますからね、マトモな仕事かはともかく。。。

なんとかお姉さんへのコンプレックスの呪縛から逃れられるといいですねぇ。そうしないと世界中どこへ逃げようが、日本で司法試験に受かろうが、幸せにはなれないでしょうね、彼女。

投稿: cg | 2006年2月22日 (水) 午後 05時14分

>留学経験あれば、外資系にいくとそれなりの給料もらえちゃいますからね、マトモな仕事かはともかく。。。

そうですか、外資系の大手企業の担当者と、ごくまれに一緒に仕事することがあるのですが、彼(女)らは例外なく、英語はペラペラです。ただ、仕事の段取りとか、喋っている内容とか、結構レベルが低いことがあって、愕然とすることもあります。「なんだ、こんなものか」と。

>お姉さんへのコンプレックスの呪縛から逃れられる

きっと、ある種の人たちにとっては、英語がペラペラになるよりもずっと難しいことなんでしょう。

投稿: yuu | 2006年2月25日 (土) 午前 02時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1843/465967

この記事へのトラックバック一覧です: ★女性が自立するということ:

« ★彼or彼女に声をかけるべきか否か | トップページ | ★いつから「私の子ども」と言えますか(続) »