« 相手の目を見てセックスできるか | トップページ | 女性の社会進出が持つ、負の側面 »

愛情は育てるもの

彼(女)が自分のことを愛してくれているかどうか、試したい人に。内田樹「疲れすぎて眠れぬ夜のために」から。

相手が自分のことをどれほど愛しているのか知ろうとして、愛情を「試す」人がいます。無理難題を吹きかけたり、傷つけたり、裏切ったり…さまざまな「試練」を愛情に与えて、それを生き延びたら、それが「ほんとうの愛情だ」というようなことを考える。でも、これは間違ってますよ。愛情は「試す」ものではありません。「育てる」ものです。(13ページ)

愛情を“試す”とは、愛情に試練を与えてみて、生き延びるかどうかを調べ、そして判断すること。もし生き延びなかったら=愛情が枯れてしまったら、それは本当ではなかった、と“断罪”する。

愛情を“育てる”とは、愛情の成長具合を調べながらも、決して無理をさせないこと。生き延びられないような試練は与えないこと。“生かす”こと。

|

« 相手の目を見てセックスできるか | トップページ | 女性の社会進出が持つ、負の側面 »

恋愛」カテゴリの記事

恋人未満のカップルに」カテゴリの記事

コメント

>愛情は「試す」ものではありません。「育てる」ものです。

同感です。

「試す」なんて、怖くて出来ないですよね。

「試す」こと自体が、愛情への懐疑を裏付けているわけですから、そのことが相手に伝わってしまいますよね。
・・・そうやって、愛が失われていくのが怖いです・・・

(管理者追記)
ココログの障害のため、コメントを手作業で移動しました。
元のコメント登録日時は
April 2, 2004 05:50 AM
です。

投稿: mia | 2004年4月 3日 (土) 午前 12時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛情は育てるもの:

« 相手の目を見てセックスできるか | トップページ | 女性の社会進出が持つ、負の側面 »