« ロマンチックな関係を長続きさせるには | トップページ | 男は顔…だとさ »

エロスが違う方向に向くと…

(心理学で言う)エロスは、必ずしも異性に向くとは限らない。結婚した男女が、ロマンチックな関係を終えてしまい、「井戸掘り」もしないとなると、いったいどうなるか。

日本人の場合は、異性を通じて自分の世界を広めると言うことを、もうすっかり止めてしまうというのもあるんですね。(前掲書、107ページ)

それで何をするかというと、学者になったり、会社人間になったり、子どもの教育に熱中したり…。確かに、そういう人たちは、私の周りにも掃いて捨てるほどいる。「井戸掘り」をしようとする人の方が少ないように思えるが、実際はどうなのだろう。

とはいえ、どちらがいいというわけでもない。それこそ、一人一人の選択なのだから。

|

« ロマンチックな関係を長続きさせるには | トップページ | 男は顔…だとさ »

恋愛」カテゴリの記事

夫婦・恋人のために」カテゴリの記事

コメント

私は5歳の娘を持つ母親なんですけれども、女子高の出身なんです。共学でない学校はその中で男女の役割を自然と割り振り、うまくやっている_というのはお聞きになっていると思いますが、私自身、男の子のような女の子でした。それが!!なんと母親ドオシの付き合いに非常に有効なんですね。そのトリックをしらない女性が以外に多い。ですから、私は旦那といも堀り(笑)をしなくなった今、可愛い彼女たちを沢山つくって、やれ、ランチを作ってもらい、やれ、ピクニックに行ったりと楽しいバーチャルレズビアンやってます・・・。(ちょっとむなしい?)むなしくならないこつは、宝塚の男役にでもなった気になって、男装の麗人よろしくおしゃれもメイクもばっちりにしていくことです。主婦たちは、自分に興味のなくなった年老いた旦那にうんざりしていますから、ちょっと気のきいた科白を言ってもらえるものなら、女でもオッケーってなもんで・・・。彼女が沢山できます。んでもって、その状態で家族(おやじさん)も含めキャンプかなんか行くと、ふと、旦那連中が気づくのです。「あれ_奥さん生き生きしてる」ふふふ。善意のいたづらですよ。なかなか生半可じゃできません。

投稿: あるれ | 2006年3月23日 (木) 午後 10時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エロスが違う方向に向くと…:

« ロマンチックな関係を長続きさせるには | トップページ | 男は顔…だとさ »