« コミットメントとデタッチメント | トップページ | “熱い生き甲斐”ってどうよ »

自分を丸ごと理解してもらうには(続)

コミットメントとデタッチメントの話を書いたところで、1つ前の記事の話に戻る。もう一度、今一生『「出会い系」時代の恋愛社会学』から。

今日の若い女たちの中には、べたべたした疑似親子関係のような恋愛に飽き始めている人も増えているのだ。(中略)「セックスしたぐらいで恋人や旦那気取りは止めてくれ!」というわけだ。疑似親子関係のような恋愛=束縛ごっこでお互いを縛りあうところに『愛』があると信じ込もうとするさまは、都市・郊外に住んでテレクラや出会い系サイトで恋愛ごっこを積み重ねてきた女子高生・女子大生たちの一部では、気持ちの悪い冗談になりつつある。(50ページ)

ここでの「疑似親子関係」とは、“自分のことを丸ごと理解してくれている”と双方が感じている状態を言う。つまり、“丸ごと理解してくれる”ことを相手に求めず、同時に、相手に束縛されず、また相手を束縛しない関係こそ、ベストである。そう考える若い女性が増えているそうだ。

まあ、いつかも書いたと思うが、相手のことを「好きだ」と思い、「もっと知り合いたい」と感じるのが恋愛感情であるとすれば、恋愛感情が育っていく過程のどこでセックスというファクターを増やすかは、二人が好きなようにすればいい。セックスを最初に持ってきて、あとで恋愛感情を育ててもいいし、恋愛感情が確かなものになるまで待ってもいいだろう。ただ、セックスという“コト”をナメてかかると、いろんな形でしっぺ返しを受けるので、気を付けた方がいいとは思うけどね。

それで、このように考える若い女性は、完全なコミットメント=“丸ごと理解してくれている”=疑似親子関係を求めず、そうかといって、完全なデタッチメント=異性と一切関わらない状態を選択するわけではない。コミットメントとデタッチメントの微妙なバランスが彼女らにとって重要なのだ。

今はまだ、そんな女性に会う機会はあまりないが、これからは増えてくるのだろうなあ。

|

« コミットメントとデタッチメント | トップページ | “熱い生き甲斐”ってどうよ »

女性のために」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

男性のために」カテゴリの記事

コメント

>、“丸ごと理解してくれる”ことを相手に求めず、同時に、相手に束縛されず、また相手を束縛しない関係こそ、ベストである。

うん、そう思います。
(miaが「若い女性」であるか否かはべつにして・・・・(笑))

投稿: mia | 2004年3月28日 (日) 午後 04時35分

“束縛”の意味が問題ですね。たとえば、「アナタは誰とでもセックスしてよい。私もアナタ以外の誰とでもセックスする」という感じで、“束縛”らしきことをまったくしないとなると、その男女関係はどういうものであるのか、ちょっと想像がつきません。想像力が貧困なもので…(苦笑)。

ま、それはいいとして、「セックスしたくらいで恋人気取りは止めてくれ」というのは、セックスする→恋人になる、という順番でものを考える人しか考えつかないですね。逆に言えば、その順番でものを考える人には、当然のことなわけで。

…何にしても、なかなか難しいですなあ。

投稿: ゆう | 2004年4月 2日 (金) 午前 04時07分

>“束縛”の意味が問題

そういう束縛のことだったの??
う、今まで、そういう風に考えなかった・・・

「恋人になる→セックスする」しか思い浮かばない私だし・・

投稿: mia | 2004年4月 2日 (金) 午前 05時58分

結局のところ、「恋人になる→セックスする」という考え方の人と、「セックスする→恋人になる」という考え方の人とが付き合うのは、かなり無理があるかと。

ただ、“束縛”で「あなたは勝手にセックスしてよい。私も勝手にセックスする」というのは、我ながら極端な発想だとは思います。とはいえ、「私は私の友達と付き合う。あなたはあなたの友達と付き合う。両者に接点はいらない」と考えるなら、確かに“自由”かもしれませんが、そういう“束縛”のないカップルは、恋人や夫婦としての“単位”になっていると、果たして言えるのでしょうか。


投稿: ゆう | 2004年4月 3日 (土) 午前 12時26分

>とはいえ、「私は私の友達と付き合う。あなたはあなたの友達と付き合う。両者に接点はいらない」と考えるなら、確かに“自由”かもしれませんが、そういう“束縛”のないカップルは、恋人や夫婦としての“単位”になっていると、果たして言えるのでしょうか。

無理に、カップルでそれぞれの友達に付き合う、っていうのはやはりどうかと・・・。
「私は私の友達と付き合う。あなたはあなたの友達と付き合う。両者に接点があってもよい」ぐらいが、無理なくていいんじゃないでしょうかね。

投稿: mia | 2004年4月 3日 (土) 午前 05時27分

>無理に、カップルでそれぞれの友達に付き合う、っていうのはやはりどうかと・・・。

ま、無理はいけませんね、何事も。旦那が友達を呼んできて、嫁さんに接待ばかりさせるのはよくないでしょ。ただ、無関心はいけないのでは?パートナーが誰とどこで何をしているのかを知らない、そして、それを何とも思わない…というのは、ちょっとね。

投稿: ゆう | 2004年4月 3日 (土) 午後 06時57分

>パートナーが誰とどこで何をしているのかを知らない、そして、それを何とも思わない…というのは、ちょっとね。


・・・・・。
本当は、本当はそうなんでしょうけどね・・・。

現実では、知っていても知らないふりをしている、のが大事なときもありますね(笑)。

生活の知恵・・・かな?

あるいは、お互いに「放し飼い」状態。
・・・でも、不思議と放し飼いの動物って、ちゃんと寝るときには家にもどってくるものですねえ・・・(爆笑)


投稿: mia | 2004年4月 3日 (土) 午後 08時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1843/363042

この記事へのトラックバック一覧です: 自分を丸ごと理解してもらうには(続):

» 束縛と愛情 [oboegaki]
テクストによる恋愛放談の 自分を丸ごと理解してもらうには(続)より 、“丸ごと理解してくれる”ことを相手に求めず、同時に、相手に束縛されず、また相手を束縛しない... [続きを読む]

受信: 2004年4月10日 (土) 午後 06時29分

« コミットメントとデタッチメント | トップページ | “熱い生き甲斐”ってどうよ »