« セックス依存症とは何か | トップページ | コミットメントとデタッチメント »

自分を丸ごと理解してもらうには

1000人もの男とセックスした元・主婦(有名人らしい)が抱く理想の男性像、恋愛観は、特に変わったものではないらしい。見た目と性格がそこそこ、そして、自分の行動を丸ごと理解してくれれば、それでいいとか。ところが、それが難しい。なぜか。

「私の行動を丸ごと全部理解してくれる」役割は、親に期待するようなことかもしれないが、真っ先に「他者」に期待できるようなことではなく、慎重な確認と合意のプロセスがなければ保証されないものだろうと、僕は考える。(今一生『「出会い系」時代の恋愛社会学』、49ページ)

ここはその通りだと思う。慎重に相互関係を築き上げていかない限り、「丸ごと理解される/理解する」という関係はあり得ない。逆に言えば、慎重に関係を積み上げていけば、「丸ごと理解される/理解する」関係は十分あり得る。自分や相手の能力の問題、周囲の環境の問題もあるから、必ずそんな関係が手に入るとは限らないけどね。

ただ、実はこの話の問題点は、ここにはない。

|

« セックス依存症とは何か | トップページ | コミットメントとデタッチメント »

恋愛」カテゴリの記事

女性のために」カテゴリの記事

男性のために」カテゴリの記事

コメント

>自分の行動を丸ごと理解してくれれば

・・・それって、やっぱり無理があるでしょう。ある人とうんと親密になっても、「丸ごと理解」はありえないでしょう。知れば知るほど、理解ができない部分が出てくるのではないでしょうか。その理解できない点を了解した上で、お互いの人間関係が築かれるのだと思います。

もし成り立つとしたら、「理解」じゃなくて、「了解」。良く分からないけれど、そのまま認めて文句を言わない、・・・そういう「丸ごと了解」に読み換えてみれば、その女性の言うことは、私には理解できます。


・・・・・それにしても、男1、000人切りってすごい・・・

投稿: mia | 2004年3月28日 (日) 午後 04時29分

>知れば知るほど、理解ができない部分が出てくるのではないでしょうか。

もちろんです。ただ、「どうせ理解できないんだから」と思って理解しようとしないのと、「完全に理解することはできない」と知って、できるだけ理解しようとするのは、まったく違うことのように思いますが、いかがでしょう?

>それにしても、男1、000人切りってすごい・・・

毎日違う人としてたらしいです。(汗

投稿: ゆう | 2004年4月 2日 (金) 午前 04時00分

>「どうせ理解できないんだから」と思って理解しようとしないのと、「完全に理解することはできない」と知って、できるだけ理解しようとするのは、まったく違うこと

おっしゃるとおりです。完全に理解しようとして、その結果、完全に理解できないことに悲観しないこと・・・それが大事だと思います。

投稿: mia | 2004年4月 2日 (金) 午前 05時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分を丸ごと理解してもらうには:

« セックス依存症とは何か | トップページ | コミットメントとデタッチメント »