« 文通もまたよし、か | トップページ | ★支えることは支えられること »

セックスレスの一事例

またまた毎日新聞のサイトから。55歳女性の投稿。結婚して1年経たないうちに、娘が戻ってきてセックスレスで別れたい、とのこと。

娘によると、彼は自分で処理しているようで、結婚前も含め、一緒に暮らして1年半の間に回数は1けた。女性から誘うのも勇気が必要ですが、でも3回誘い、そのたびに断られてみじめで悲しかったこと。今はもう相手を受け入れることができない精神状態になってしまったことなどを告白しました。

詳しいことは、この文面からではわからないが、セックスに対する考え方が夫婦の間で大きく違っていることは言うまでもない。セックスレスは、現在、離婚事由にもなるご時世なので、男性側は「2ヶ月で1回はしてるだろ」とか言わない方がいいみたいだ。また、「セックスだけが夫婦を結びつけるものではないだろう?」というのも禁句。その言葉が正しいのは、夫婦が二人とも同じ考え方のときだけ。

女性からしてみたら、「結婚しているのに自分で処理するって、バカにしてるの?」というところだと思う(もちろん、「その方がラクでいいわ」という女性もいるだろうけど)。男性側は、そういう気持ちを知っておいた方がいい。

10日ほど家にいました。夫の「性生活は人それぞれで、これが正しいというものがあるわけではない。付き合って半年は一緒にいたのだから分かっていたのではないか。完ぺきな人間などいない、全くできないわけではないのだから、お前の辛抱が足りない」という言葉で、彼の元に帰りました。

この夫婦は、結婚前に同棲していたのかな? もしそうなら、同棲しているときに、そのあたりを見抜けなかった女性も、ちょっとうかつだった。ただ、「お前の辛抱が足りない」というのはいかがなものか。それで問題が解決すれば、何も言うことはないのだが、“女性が必ず辛抱する”という図式は、女性にとってはうれしくないはずだが…。

結局、夫婦の間はしっくり来ないままで、仮面夫婦っぽい状態になっているらしい。「よいアドバイスがあればお聞かせください」と、この投稿は締めくくられているので、何か言いたい人は毎日新聞東京本社までどうぞ。

|

« 文通もまたよし、か | トップページ | ★支えることは支えられること »

恋愛」カテゴリの記事

セックス」カテゴリの記事

夫婦・恋人のために」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~。初めまして。ちょっと覗いて見たら面白い記事があったのでカキコします。セックスレスはお互いがその状態で満足しているのなら全く問題がないのですが、一方が満足できない時は当人しか分からない苦しみですよね。それで真剣に離婚を考えているのに相手はその苦しみも理解できずに隣で平然と寝ている・・・ 

結婚前にこのセックスの問題はお互い真剣に十分話し合う事が必要だなと感じます。しかし現実にはその事についてのガイドも教科書もないわけで・・・ セックスレスの問題はもっと一般に取り上げなければならない事かな、と思います。セックスレスは離婚の原因・要因になりますよ、ということの認識をしっかり持ちたいところですね。

私だったらこのケース・・・ 離婚をかけて真剣に話し合うべきだと思いますねー。

投稿: miyashu | 2004年2月29日 (日) 午後 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セックスレスの一事例:

« 文通もまたよし、か | トップページ | ★支えることは支えられること »