« ★何をどこまで許すか | トップページ | “普通”が好き! »

ガンにかかったことをいつ言うか

「AERA」'04.2.16 No.7「シングルががんにかかったら」から。独身者がガンにかかったとき、恋人になりそうな人と出会ったら、いつそのことを話すか。アメリカがん協会は、次のようにアドバイスしているらしい。

出会って数分では速すぎるし、これからベッドインというときまで待つと大変な事態を招く。正解はないが、「相手に対して、信頼感と友情を感じられるときまで待つのがいいでしょう。それは、相手があなたという人全体を好きになってくれている、と感じられるときです」(16ページ)

「あなたという人全体を好きになってくれている」というのこそ、本当の「好かれている」「愛されている」だと思うから、結局のところ、“相手が自分のことを好きになってくれてから言うべきだ”という、至極当たり前の結論にしか過ぎない。でも、それがきっと正しくて、もっとも多くの人に受け入れやすいのかもしれない。

|

« ★何をどこまで許すか | トップページ | “普通”が好き! »

恋愛」カテゴリの記事

恋人未満のカップルに」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガンにかかったことをいつ言うか:

« ★何をどこまで許すか | トップページ | “普通”が好き! »