« ★女性の魅力をどこに感じるか | トップページ | ガンにかかったことをいつ言うか »

★何をどこまで許すか

またまた毎日新聞のサイトから。ちょっと古い記事だが、興味深かったので。

パソコン通信を通じて知り合った2人だが、妻はパニック障害だった。付き合っているとき、後に結婚する夫に向かって、こんな態度を取っていたらしい。

「私がいるのにテレビを見ないで」「ご飯を食べたら、一緒に片づけて」「話を聞いて、私を見て!」。子どものように必死に自分を求める恋人に、斉謙さんは向き合った。有里さんは「彼といると、心に空いた穴がふさがっていく」と感じた。親、親友、そしてカウンセラーのような存在だった。

妻がパニック障害だとわかっても、夫は動じず、妻の心の安定をひたすら心がけているとか。「行きにくさを感じていた妻を支えること」が夫自身の支えにもなっている、とのことだ。

パニック障害に限らず、精神的な問題によって、あるいは性格上の問題によって、別れるカップルは多いだろう。この例も、夫の方が愛想を尽かして、あるいは支えきれなくなって、どこかで別れていても変ではない。ただ、夫の方が忍耐強く、支えることを選択し続けた結果がここへと至ったのだろう。

パートナーの問題をどこまで自分の問題として抱えることができるか、それはきっと人によって異なるのだろうが、いったいどこまで抱えればよいのだろうか。たとえば“わがままで自分勝手で、人の話を聞かない”という性格も一種の障害ととらえて、それを受け入れてあげると、このような美談になるのだろうか(美談を作りたいわけではないが)。

きっと“物差し”は存在しないのだろう。

|

« ★女性の魅力をどこに感じるか | トップページ | ガンにかかったことをいつ言うか »

恋愛」カテゴリの記事

夫婦・恋人のために」カテゴリの記事

コメント

あたしの場合、彼氏
という名の不倫相手がパニック障害の症状をもっています。だから薬をいつも持ち歩いてるし、月1回検査で病院行っています。彼がそうだと知ってからあたしの対応が変わったかというとそれは何も変化ありません。でも時々動けなくなるときがあるみたいです。その時あたしは何もできないから、傍にいてよしよしってしながらじっとして回復するまで待っています。奥さんはMさんのこの症状に対して理解を示してはくれていないらしいです。だから別居ってことになっちゃたのかな?
恋愛って相手あってのことだから、できる限り相手のことを受け入れてあげたいって思っています。さすがにこの話のだんなさんのようにはなれないけれど…

投稿: hana | 2004年2月23日 (月) 午後 11時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★何をどこまで許すか:

» 精神障害者のパートナー [neko blog]
精神障害者だけでなく、心に問題を抱えていたり性格に問題のあったりする人たち全般についてですが。 何をどこまで許すか これを読んで、「うちの彼氏もこういう問題を抱... [続きを読む]

受信: 2004年2月27日 (金) 午前 10時13分

» 私の事かと思った [・・・シュワッチ!]
yuuさんのココログ「テクストによる恋愛放談」より「何をどこまで許すか」 ・・・私のことかと思った。(注:私のことでは [続きを読む]

受信: 2004年5月 3日 (月) 午後 07時44分

« ★女性の魅力をどこに感じるか | トップページ | ガンにかかったことをいつ言うか »