« ★女性の“面接”を切り抜けろ! | トップページ | ★男性の“就職難”は続く »

★結婚相談所に提案する

ふと思いついたのだが、男女とも、相手に対して出せる条件を限定してみたらどうだろうか。

たとえば、男性は、女性の顔写真を見ることはできず、身長・体重など容姿に関する条件は会うまでわからない。女性は、男性の年収はわからず、勤務先も不明。ただし、男女ともタバコを吸うかどうか、興味のあることは何か、好きな音楽や食べ物、婿養子希望かどうかなどは事前にチェックできるとする。

会ってみて失望することは多くなるかもしれない。だから、会う前に電話やメールでのやりとりを義務づけるのである。たとえば、10時間電話で話さないと会えないとか、1万字分のメールをやりとりしないと会えないとか(これはかなりキツイかも)。ただ、これくらいのやりとりができないなら、結婚してからマトモにやっていけるはずがない。

あと、会うまでにこれだけの“障害”を設けるには、心理学的な理由もある。

何かの心理学のテストにあったのだが、大学に入ってきたばかりの女子学生に、「このサークルに入会するには、ポルノ小説を男子学生の前で朗読しなければならない」という、今ならセクハラとして糾弾されかねないテストを課すのである。すると、そのテストを課されなかった女子学生と比べて、「このサークルは有意義である」という意識が高く、またサークルを途中で脱退する比率も少なくなるのである。

つまり、障害を乗り越えて得られたものの方が、より貴重に思えるのだ。会うまでにいろいろな障害を用意しておけば、それを乗り越えて会ったときに、男女とも「この人は素敵だ」と思う確率が高くなるのではないか。

ツヴァイも、もう少しだけ頭を使えば、この程度のことはできるだろうに。まあ、大手結婚相談所は成婚率を上げることを目的としているわけではないから、仕方ないけどね。


|

« ★女性の“面接”を切り抜けろ! | トップページ | ★男性の“就職難”は続く »

恋愛」カテゴリの記事

結婚相談所」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
確かアメリカに本部がある日本人女性と欧米人男性、日本人駐在員を引き合わせる結婚相談所が、似たようなスタイルのようです。
(ユナイテッドの機内誌に載っていた)
お互いの写真を見せず、それぞれのプロフィールも見せないそうです。
その相談所の名前を失念してしまったのですが...思い出したらまたコメントします。

投稿: くわとろ@日本 | 2004年2月 1日 (日) 午後 06時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★結婚相談所に提案する:

« ★女性の“面接”を切り抜けろ! | トップページ | ★男性の“就職難”は続く »