« ★お正月に結婚を考える(その3) | トップページ | ★お正月に結婚を考える(その4) »

★向かい合う心と心のカタチ

心と心がしっかりと向き合っていること、理解し合っていることは二人に大きな充実感をもたらす。

向ひゐて
千代も八千代も
見てしがな
空行く月の
こととはずとも

(貞心尼『はちすの露』)

「貞心尼は良寛と相思相愛の人」(『男うた女うた──女性歌人篇』中公新書 p.162)だとか。

「何らかの条件を満たしているから、そういう思いを持てる」というものではない。そこにあるのは、相手の存在と自分の存在への限りない愛情、そして信頼。静かに、相手に対して、そして自分に対して開いていく心。

人は年をとると、より純粋になれると言う。そうなりたいものだ。

|

« ★お正月に結婚を考える(その3) | トップページ | ★お正月に結婚を考える(その4) »

夫婦・恋人のために」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★向かい合う心と心のカタチ:

« ★お正月に結婚を考える(その3) | トップページ | ★お正月に結婚を考える(その4) »