« 「好き」と「付き合う」とセックスの順番 | トップページ | 自分の心を知るのは難しい »

すねてみてもひとり

尾崎放哉の「咳をしてもひとり」から。

以前、彼女が忙しくて会ってもらえないとき、こんな気持ちになった。すねたいという気持ちは強いのだが、すねても彼女が会ってくれるわけではない。すねたところでひとりには変わりないのだ。だから、仕方なく、ひとりでいることを辛く悲しく、受け入れることにした。

…と解説してみたりして。(^^;

|

« 「好き」と「付き合う」とセックスの順番 | トップページ | 自分の心を知るのは難しい »

俳句まがい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すねてみてもひとり:

« 「好き」と「付き合う」とセックスの順番 | トップページ | 自分の心を知るのは難しい »