« 本当のコミュニケーション(その1) | トップページ | 結婚相談所の構造的な欠陥 »

男は何に興奮するか

とにかくいろんなものに興奮するのが男だ。

興奮する対象は、アニメのキャラクターだったり、人妻だったり、看護師やスチュワーデスのように制服を着た職業の人だったり、実にさまざまだ。また、興奮するシチュエーションも、レイプの場面(男女とも演技。為念)だったり、カーセックスだったり、露天風呂だったり、トイレだったり。相手はというと、20代前後の普通の若い女性以外に、妊娠中の女性や、極端に体重の重そうな女性、上半身は女性なのに下半身が男性という人だったり。男の欲望には、本当にいろんなものがある。

こういう欲望を全部ひっくるめて「実はこうなのだ」と言うことはできないが、いくつかの傾向を述べるなら、「禁を犯すこと」「美しいものを汚すこと」「隷属させること」の3つに多くの男性は快感を感じると言えよう。つまり、ルールや常識や調和からの“逸脱”に欲望が満たされるのだ。

とはいえ、その現れ方はさまざまだ。どういう欲望を持ち、それをどういう形で、どの程度満たそうと思うか、そこには、その男の在り方、その男の人間性が出てくる。

だから、これから結婚しようとしている女性は、ある程度相手を見極めたところで、セックスによってさらに精確に相手を見極めるべきだと思う。「結婚が決まった相手としかセックスはしない」という、ガチガチの貞節尊重派も、「セックスがうまくいくから、この人にしよう」という快楽尊重派も、どちらもよくない。

|

« 本当のコミュニケーション(その1) | トップページ | 結婚相談所の構造的な欠陥 »

セックス」カテゴリの記事

女性のために」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男は何に興奮するか:

« 本当のコミュニケーション(その1) | トップページ | 結婚相談所の構造的な欠陥 »