« 駅のホームで | トップページ | セックスの目的 »

結婚相談所

ツヴ○イに入会して、はや8ヶ月ほどが経った。すでに10人ほどと電話番号を交換し、そのうちの6,7人と会った。また、かなり条件をゆるめに設定しているためもあって、女性のプロフィールは毎月10枚ほど届くが、これは比較的多い方だろう。

ただ、そのうちの誰とも、ちゃんとしたお付き合いには発展しなかった。きっとこれからも発展しないだろう。理由は、ツヴ○イに限らず、大規模なデータベースを構築している結婚相談所のシステムが、実は結婚を阻害する効果のあるシステムだからだ。

どういうことかというと、異性のプロフィールが毎月どんどん届けられる。あたかも、通信販売のカタログのようにだ。それらのプロフィールに対して、アクションを起こさなくても、仕事が忙しく、徹夜続きでプロフィールの入った封筒を何日も開封しなくても、次のプロフィールが届く。

プロフィールを開いてみたらみたで、年齢や身長、体重、年収などの数字と、家族構成がきちんと書いてあって、「長男(長女)はイヤ」とか「太っているのはイヤ」、「年収○○万円以上がいい」という条件をすべて兼ね備えた異性を見つけることができる。ただし、見つけることができるだけだ。彼(彼女)と会えるかどうかはわからないし、さらに言えば、本当に相性がぴったりかどうかはわからない。各相談所とも「最適な相手を見つけるためのマッチングシステムを用意している」と宣伝しているが、私が会った限りでは、最適どころか、決して最適な相手のプロフィールが届いているとは思えなかった。これなら、趣味で絞り込んだ方がずっといい。

なのに、「待っていたら、理想の異性のプロフィールが届くのだ」と錯覚させる何かが、結婚相談所のシステムにはある。きっと、私を含め、多くの人たちは結婚相手と出会うための情報料を払っているのではなく、「結婚相手と出会うのではないか」という期待を与えてくれるシステムに対して、お金を払っているのだろう。肥大化した結婚相談所のシステムは、消費者金融と同じくらい、怪しげなものであると言ってもよい。

これから結婚相談所に入りたいと思う人は、そのあたりを考えた方がよいだろう。

|

« 駅のホームで | トップページ | セックスの目的 »

結婚相談所」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結婚相談所:

« 駅のホームで | トップページ | セックスの目的 »