« 心動く瞬間に | トップページ | 電話番号をながめてみる »

男女の違い

ほとんどの女性は、自分の話を聞いてもらうのが好きだ。共感してもらうことが女性の精神の安定には絶対に必要なのだ。だから、男性がいくら疲れていても、パートナーが何か話したいことがあるときは、できるだけ共感を持って聞くようにした方がいい。そして、そのときに「こうした方がいいんじゃない?」という提案は、基本的にいらない。聞いてもらっている間に答えの出てくることも少なくないし、だいたい答えのいらない問いであることもあるからだ。

ところが、男性は困ったことがあると話したくなくなる人が多い。男性も相手に受け入れてもらうことは快感につながるのだが、男性にとってそれはあまり大きな快感ではなく、「聞いてもらうだけでは問題の解決につながらない」と考える人も少なくない。また、男性の話を聞くときに、共感はあまり必要ない。むしろ、ただ励ましてもらえればいいときが多い。

女性が男性を励ます方法はいくつかあるが、もっとも直接的なのがセックスだ。女性は自分の体を開くことによって、男性の力を認め、「あなたは魅力があるのだ」と言っていることになる。これが男性には励ましになるのだ。もちろん、セックスでなければならないのではなく、その男性の力をよく見極めた上で、「あなたには、こんな力があるのだ」と言えれば、それは大きな励ましになる。

こう書くのは簡単だが、実行するのは大変難しい。男性は女性の話に提案を差し挟まず、共感を持ってただ聞くのは慣れていないことが多いし、女性はただ共感するのではなく、男性の魅力を「ほら、ここに」と差し出すことに慣れていないことが多い。

相手が欲しているところと自分の欠けているところの両方を知って、うまくカバーできれば、カップルの多くはうまくいくのではなかろうか。

|

« 心動く瞬間に | トップページ | 電話番号をながめてみる »

女性のために」カテゴリの記事

男性のために」カテゴリの記事

夫婦・恋人のために」カテゴリの記事

恋人未満のカップルに」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男女の違い:

« 心動く瞬間に | トップページ | 電話番号をながめてみる »